【コラム】水村リア Leah's DRIVE ME CRAZYYYY!!! Vol.08 盛りだくさんのSUPER FORMULA開幕戦! サーキットの楽しみ方も

2018.05.11

01
新幹線よりも速いマシンで戦われる国内最高峰のフォーミュラーカーレース「SUPER FORMULA(以下SF)」の2018年シーズンが、4月28日(土)~29日(日)に鈴鹿サーキットで開幕しました!

今でこそオフィシャルMCを務めさせていただいているSF。実は、わたしがモータースポーツにハマるきっかけとなった、おもしろさ満載のレースでもあります。しかも今シーズンは、目移りするほどおもしろい話題が大豊作。今回は、改めて水村リア大注目の「SUPER FORMULA 2018」の見どころ(とサーキットのお楽しみ♡)を、開幕戦のレポートとともにお届けします!

タイヤ、スケジュール、ルーキードライバー

SF2018シーズンの見どころは3つ。まずは、タイヤのスペックが選べるようになったこと。2016年から年間、数戦のみ投入されたソフト/ミディアムから選択できる「2スペックタイヤ制」が、今年は全戦で適応されることになって、戦略の幅が一気に増えたんです。

新たに選べるようになったソフトタイヤは気分屋の女の子のように読めない顔を持っていて、どのチームも「わからない!」と口を揃えて言うほど、使い方が難しいそうなのです。しかもこのソフトタイヤさん、今年は去年とはまた違った顔をお持ちだとか……。鉄壁の存在だった強豪チームも、簡単に勝てるわけではなさそうです。

02各チームがどのタイプのタイヤをレースで使用・持ち越したかという情報は、オフィシャルサイトの「タイヤ使用情報」とで確認できる

開催スケジュールが、変わったこともチームにとっては悩ましいところ。これまで涼しい時期に開催されていた大会が夏になったり反対に夏に行われていたレースが秋になったりして、戦略を左右する“路温”が去年までと違ってくる大会もあるのです。読めないタイヤに増える戦略……、チームが頭を悩ませる分、ファンにとってのレースの見どころが増えていく予感がしています♡

2年連続でF1ドライバーを輩出していることもあり、海外からの注目も高まってきているSFには、今年も大物ルーキードライバーたちが続々と参戦してきています!

SF直下のカテゴリー「F3」でのチャンピオン獲得経験もあり、アグレッシブかつ綺麗にフォーミュラマシンを操る千代勝正選手は、「SUPER GT」GT500クラスに参戦中の大物すぎるイケメンルーキードライバー。F1直下の「GP2シリーズ(今のF2)」で2シーズンを戦い、優勝経験を持つ松下信治選手は、オーラがルーキーとは思えないぐらい堂々としていて、ベテランたちも“要注意”と注目しているとか!?

03オフィシャルステージでMCのお仕事をしているわたしと、福住仁嶺選手

さらに、レジェンドドライバーたちに「宇宙人レベルの天才」と評価され、F2にも参戦している福住仁嶺(ふくずみにれい)選手は、「今もっともF1に近い日本人ドライバー」と注目を集めています。ちなみに、弟キャラがファンに人気です(笑)。そしてF1で頂点を極めた祖父を持つサラブレッド、ピエトロ・フィッティパルディ選手も名門「チームルマン」で参戦。こんな大注目のルーキーたちとベテランドライバー、総勢19人が戦うんですから、おもしろくないわけないでしょ???

予想的中! 開幕戦から見応えのある一戦に

それでは、注目の開幕戦はどうだったのか!? 開幕前の公式テストとは打って変わって路温がぐっと上がった開幕戦では、各チームともセッティングに悩んだ様子でした。

そんな中、使用タイヤがミディアムに限定される予選Q1で、ホンダのルーキー松下選手がミディアムタイヤ「らしくない」驚異的なタイムを叩き出して大活躍。結果は、山本尚貴選手がポールポジションを獲得、2番手にチームメイトのルーキー、福住選手と、ホンダ勢が絶好調!

04決勝前のグリッドウォークでは、マシンに近づけないほどの多くの人と熱気が!

決勝は、2スペックタイヤ制により駆け引きと頭脳戦の一戦に。スタートぎりぎりまでタイヤを並べて、周りのチームの様子を見る駆け引きも……。 

05スタート直前までタイヤ選択を迷う(迷っている様子を見せている?)チームも

タイヤ選択によってタイヤ交換を1回に抑える戦略を採るチーム、2回交換で賭けに出るチームがあり、通常より長い300kmのレースは最後まで読めない展開に。

戦略の幅が広がったことで、グリッド下位のチームがポジションアップをしたりタイヤの扱いに苦戦する選手たちがバトルを繰り広げたり、まさに“盛りだくさん”のレースとなりました。開幕戦を完璧に制したのは、ポール・トゥ・ウィンを決めたTEAM無限の山本尚貴選手。でも、この開幕戦の勢力図が次戦も続くわけではなさそうです。「読めない」レース展開は、シーズン最後まで続く予感がしますよ!!

サーキットを遊び尽くすなら金曜日がオススメ!?

最後に、「リア的サーキットの楽しみ方」をご紹介しますね。レースは「現地で観戦するのが一番」と常々思います。特にSFはマシンの姿と音をサーキットで見ていただきたいと思うのですが、サーキットにはレースだけではない楽しみもたくさんあるから。

06鈴鹿サーキットのシンボルでもある観覧車からは、伊勢湾からサーキット全体までが一望できる。この日は強風でお休みだったけど……

たとえば、今回の鈴鹿サーキットなら遊園地が併設されていて、観覧車(伊勢湾からサーキット全体までが一望できる!)からサーキットを眺められたり、アトラクションを楽しめたりします。

07新アトラクション「DUAL GP」を初体験! このマシンで、高低差まで再現された鈴鹿サーキットのミニコースを走行する。大人も楽しめるexcitingなアトラクション

ちなみにSFは、金曜日に専有走行、土曜日に予選、日曜日に決勝というスケジュールで行われます。マシンの走りをじっくり見たいなら、観客の少ない金曜日がオススメです。ちなみにわたしは鈴鹿サーキットに行くと、金曜日は必ず観覧車に乗ってマシンが走る姿を眺めます。

08グルメもサーキットの楽しみのひとつ。一番のお気に入りは、鈴鹿市の有名なパン屋「ドミニクドゥーセ」のクロワッサン。F1が日本で初開催されたときに日本上陸を果たしたお店だそう

というわけで、「SUPER FORMULA」開幕戦とサーキットの楽しみをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? サーキットに行ったことがない方も、ぜひ一度行ってみてほしいと思います。絶対にハマりますよ~。そして、サーキットでオフィシャルステージMCの僕と握手!!

【水村リア】
レースクイーン、モデル、MC。ロサンゼルスでモデルやダンサーで活動後、2011年にレースクイーンデビュー。現在はSUPER FORMULAオフィシャルステージのMCを務めるなど、モータースポーツの場を中心にMCを行っている他、ライターとしても活動の場を広げている。2017年からはN-ONE OWNER’S CUPにレーシングドライバーとして参戦。

ブログ:https://ameblo.jp/xxleahmizumuraxx/
Twitter:https://twitter.com/xxleah0316xx
Instagram:https://www.instagram.com/leah_mizumura/

text & photo by 水村リア, edit by 木谷宗義

▼バックナンバーはこちらから!
http://kurutopi.jp/tag/leahs_drive_me_crazyyyy

あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!