【ゴールデンウィーク直前! 初夏ドライブ】Vol.04 遊ぶ、食べる、学ぶが揃う、小岩井農場まきば園

2018.04.24
bsummer_drive_vol4_01

岩手県岩手郡雫石町と滝沢市にまたがって所在する、日本最大級の総合農場「小岩井農場」。バターや乳製品で全国的な有名なのは周知の通り。私たちの食卓を彩るだけでなく、小岩井農場が運営する「小岩井農場まきば園」では、動物と触れ合えたり、小岩井農場産の素材を使用したグルメが食せたり、重要文化財に指定された小岩井農場内施設を見学できたりとさまざまな体験が可能です。

bsummer_drive_vol4_02

お子様が楽しめる施設も充実しています。ミニチュアホースまたはポニーにエサやり体験やちびっこボートなど、体験できる施設がいっぱい。また、明治から半世紀もの間、実際に農場内の主要交通機関として走っていた馬車鉄道の鉄路を使った馬車にも乗ることができます。そのほか球体の中に入り水上をハムスターのように走って遊ぶ「水上ハムスター」や、二重構造の透明な球体に身体を固定し、斜面を転がるアトラクション「アルマジロボール」など、広い敷地だからこそ楽しめるアクティビティがいっぱいです(※冬季お休みしている施設や天候などによってお休み、時間変更がされる場合があります)。

bsummer_drive_vol4_03

たくさん遊んでお腹が空いたら、小岩井農場産の食材がふんだんに使われた食事をどうぞ。マウンテンビューも楽しめる山麓館農場レストランでは、大地の恵みランチをはじめ、農場オムライス、牛肉ジンギスカン、ラムジンギスカン、とろけるチーズハンバーグなど農場のおいしさ詰まったメニューが勢ぞろい。デザートは軽食コーナーもおすすめ。名物のソフトクリームや、ジェラートもあります。もちろん、小岩井牧場ならでは、のみヨーグルトやソーセージセットなどおみやげも充実。

また120年以上の歴史がある小岩井農場内には、明治末期から昭和初期にかけられて建てられた21棟の農場建築物群が重要文化財に指定されています。指定建築物は現在も使用されている建築もあるため、一部を除き自由に見学ができませんが、見学希望の方にはガイドが案愛する文化財ツアーコース」が用意されています。また宮沢賢治の作品の舞台となった国指定名勝「イーハトーブの風景地」も見どころのひとつ。自然の恵みと歴史に触れられる小岩井農場まきば園は、丸一日、時間を忘れて心穏やかに過ごせる場所です。


小岩井農場
岩手県岩手郡雫石町字丸谷地36-1
019-692-4321
http://www.koiwai.co.jp/makiba/

text:望月はる カーユニウーマン編集部


あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!