【新車情報】世界最速のSUV日本上陸!ランボルギーニ・ウルス

2018.02.18
urus18_01

アウトモビリ・ランボルギーニは、2018年2月6日、都内にて、ランボルギーニ第3のモデルとなる「ウルス」を日本初披露しました。

urus18_02 urus18_03

ウルスは、ランボルギーニが送り出した、スーパーカー並みの性能を備える新カテゴリーのSUVで、伝統的なランボルギーニの特徴を強く反映したクーペライクなスタイルが与えられています。一見、シャープに見えるボディですが、サイズは全長5112mm×全幅2016mm×全高1638mmと、かなり大型のモデルです。

urus18_04

インテリアは、SUVらしい広々したキャビンと十分なラゲッジスペースを備えていますが、ランボルギーニの世界観も見事に表現され、コクピットは、アヴァンタドールやウラカンに近い雰囲気に仕立てられています。

urus18_05 urus18_06

また前席はスポーツタイプとなり、着座位置もSUVとしては低めにセットされており、スポーツカーらしさも追及されています。もちろん、ライバルとなる高級SUVとも太刀打ちできるように、先進のインフォテイメントシステムや自動運転レベル2のADAS機能もしっかりと採用。スーパーカーといえど、積極的にADASを搭載しているのは、ウルスならではといえます。

urus18_07 urus18_08

パワートレインは、4.0L V8ツインターボに8速ATを組み合わせて搭載。このエンジンがランボルギーニ初のターボエンジンとなります。最高出力650ps/6800rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmを発揮。その実力は、加速性能が0-100km/hが3.6秒で、0-200km/hも12.8秒という俊足ぶり。さらにトップスピードの305km/hは、SUV最速を誇ります。

urus18_09

その足元には、市販車最大というカーボンセラミックブレーキシステムが奢られ、いかなる状況でもブレーキフェードを起こさないといいます。

urus18_10

足回りは、40:60を基本とし、必要に応じて前後のトルク配分を変化させる可変トルク配分式4WDシステムを搭載。さらにコーナリング時などに後輪のトルク配分を最適化させ安定した路面接地を生む「アクティブ・トルク・ベクタリング」、電気制御可能なスタビライザーにより車両姿勢を安定化させる「アクティブ・ロール・スタビライゼーション」、後輪の舵角機能4WSの「リヤホイールドライブ」といった機能を搭載することで、市街地、高速、オフロード、さらにサーキットまで許容する万能SUVに仕立てられています。

urus18_11

価格は、2574万円と超高価ですが、何処でも走れるランボルギーニのスーパーカーが手に入ると思えば、安いと感じる人もいるかもしれません。事実、既に納車は2年待ちとなっているそうです。

text & photo by OHTO Yasuhiro


あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!