【くるまマイスター検定】合格者率は? 平均点は? 第5回「くるまマイスター検定」合格者データを公開!

2018.01.30
kuruken05_data_01

2017年11月27日(日)に行われた第5回「くるまマイスター検定」では、全国47 都道府県で、過去最多となる5,095名が受験し、新たに3,023名の「くるまマイスター」が誕生しました。では、各級でどれだけの人が受験し、その合格率や平均点はどれぐらいだったのでしょうか? 合格者データが発表されたので、チェックしてみましょう!



第5回 結果概要

【1級】
■合格者:51名(受検者451名 実受検者430名)
■合格率:11.8%
■平均点:64.9点
■最高点:98 点(合格ライン80 点以上)

【2級】
■合格者:980名(受検者2,281名 実受検者2,145名)
■合格率:45.6%
■平均点:69.5点
■最高点:96点(合格ライン70点以上)

【3級】
■受験者:1,992名(受検者2,216名 実受検者 2,114名)
■合格率:94.2%
■平均点:79.4点
■最高点:100点(合格ライン60点以上)

【ジュニア】
■受験者:146名(受検者146名 実受検者138名)
※ジュニアは合否ではなく、50問中40問以上で「A級ライセンス」、30問以上で「B級ライセンス」、それ以外に「C級ライセンス」と判定。

kuruken05_data_02 横浜会場(日産グローバル本社)の様子

受験者数は、第4回の3263名(1級178名、2級1581名、3級1399名、ジュニア105名)から大幅増となる5,095名に。これにより、第1回目からの累計受験者が、1万名を超えました。

3級合格率は、昨年に続き90%を超えた一方、1級は11.8%(昨年は28.1%)、2級は45.6%(58.5%)に。やはり、上位級のハードルは高いということですね。第2回から実施してきた1級の延べ合格者は、全国でわずか108名です。

▼「1級合格者」はどんな勉強をしていたの?
http://kurutopi.jp/article/6156

ちなみに受験者の年代を見ると、40代以上の人よりも30代以下の比較的若い人たちの受験者が多くなっています。「若者のクルマ離れ」と言われることもありますが、こうして見るとクルマ好きに世代は関係ないことがわかりますね。

kuruken05_data_03


2018年も11月に開催予定!

kuruken05_data_04 マツダふれあい会館でのトークショーには、マツダ・ロードスターのチーフデザイナー、中山雅氏が登壇

「くるまマイスター検定」では、第5回の受験者データ公開と同時に、第6回の実施を発表しました。実施会場や日程は未定としながらも、例年通り11月に開催するとのことです。
みなさんも、受験勉強を通じてクルマへの知識を深めていってくださいね!

KURUTOPiでは、「くるまマイスター検定」の受験勉強に役立つコンテンツを発信していますので、ぜひ勉強方法のひとつとしてもご活用くださいませ。

text by 木谷宗義+Bucket


<関連記事>
東京オートサロン2018 受験者特典ツアー
http://kurutopi.jp/article/8718
横浜会場のレポートと受検者インタビュー
http://kurutopi.jp/article/8150
試験直前対策に!? クルマ知識が身につく「豆知識記事」まとめ
http://kurutopi.jp/article/7980
「1級合格者」はどんな勉強をしていたの?
http://kurutopi.jp/article/6156
【連載】アラサー女子「くる検」を受ける
http://kurutopi.jp/tag/アラサー女子「くる検」を受ける


あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!