【豆知識】確定! 2017年の新車販売台数「年間ランキング」

2018.01.22
tips_sales_17_01

東京モーターショー開催年でもあった2017年は、シビックやハイラックの復活やJPN TAXIの登場など、印象的なニューモデルが登場した1年でした。では、2017年の人気車種は何だったのでしょうか? 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表したデータから、年間販売台数ランキングをチェックしてみましょう。


登録車NO.1は今年もプリウス!

tips_sales_17_02

まずは登録車から。前年比64.8%と販売台数は落ち込んだものの、トヨタ・プリウスが2017年もNO.1の座を堅持しました。

<2017年 乗用車車名別販売台数>

1位:トヨタ・プリウス
160,912台(64.8%)
2位:日産・ノート
138,905台(135.6%)
3位:トヨタ・アクア
131,615台(78.2%)
4位:トヨタ・C-HR
117,299台(2519.8%)
5位:ホンダ・フリード
104,405台(200.0%)
6位:ホンダ・フィット
 97,939台(92.7%)
7位:トヨタ・シエンタ
 96,847台(77.0%)
8位:トヨタ・ヴィッツ
 90,248台(125.5%)
9位:トヨタ・ヴォクシー
 86,772台(94.5%)
10位:日産・セレナ
 84,433台(114.9%)

(カッコ内は前年比)

2016年に4位だった日産・ノートが、2位に大躍進。2016年末に登場したトヨタ・C-HR、同じく2016年にフルモデルチェンジしたホンダ・フリードが上位に入っているのも、見逃せないところです。やはり、街中で多く見かけるクルマは、実際に販売台数も多いんですね。


軽自動車のNO.1も昨年同様N-BOX!

tips_sales_17_03

軽自動車のランキングでは、2017年にフルモデルチェンジを果たしたホンダ・N-BOXが首位に。ニューモデルは9月発売だったにもかかわらず、販売台数20万台を達成しました。

<2017年 軽自動車車名別販売台数>

1位:ホンダ・N-BOX
218,478台(117.2%)
2位:ダイハツ・ムーヴ
141,373台(138.0%)
3位:ダイハツ・タント
141,312台(90.6%)
4位:日産・デイズ
137,514台(130.1%)
5位:スズキ・ワゴンR
114,711台(141.4%)
6位:スズキ・スペーシア
104,763台(128.9%)
7位:ダイハツ・ミラ
 95,772台(131.3%)
8位:スズキ・アルト
 88,394台(88.6%)
9位:ホンダ・N-WGN
 75,591台(87.2%)
10位:スズキ・ハスラー
 72,600台(84.7%)

(カッコ内は前年比)

2位はわずか59台という僅差で、ダイハツ・ムーヴがタントを逆転。2017年2月にフルモデルチェンジしたスズキ・ワゴンRは、前年比1200px超ながら5位に留まりました。


登録車&軽自動車、トータルで見ると?

登録車と軽自動車、2つのランキングからすぐにわかるように、2017年のNO.1はホンダ・N-BOXでした。上位10車種のうち、軽自動車は6モデル。もはや、ユーザーにとって軽自動車と登録車の垣根はなくなったといえそうですね。

<2017年 車名別販売台数>

1位:ホンダ・N-BOX
218,478台
2位:トヨタ・プリウス
160,912台
3位:ダイハツ・ムーヴ
141,373台
4位:ダイハツ・タント
141,312台
5位:日産・ノート
138,905台
6位:日産・デイズ
137,514台
7位:トヨタ・アクア
131,615台
8位:トヨタ・C-HR
117,299台
9位:スズキ・ワゴンR
114,711台
10位:スズキ・スペーシア
104,763台
11位:ホンダ・フリード
104,405台
12位:ホンダ・フィット
 97,939台
13位:トヨタ・シエンタ
 96,847台
14位:ダイハツ・ミラ
 95,772台
15位:トヨタ・ヴィッツ
 90,248台
16位:スズキ・アルト
 88,394台
17位:トヨタ・ヴォクシー
 86,772台
18位:日産・セレナ
 84,433台
19位:ホンダ・N-WGN
 75,591台
20位:スズキ・ハスラー
 72,600台

2017年の新車販売台数ランキング、みなさんはどのような感想を持たれたでしょうか? N-BOXの人気が高いことは感覚としてわかりますが、こうして数値にしてみると圧倒的であることがわかりますよね。新車販売台数にまつわる問題は、「くるまマイスター検定」でも定番の問題です。頭の片隅に入れておくと、役立つかもしれませんよ!

text by 木谷宗義+Bucket
photo by トヨタ自動車、本田技研工業

<関連記事>
くる検的2017年の自動車ニュースまとめ
http://kurutopi.jp/article/8475
販売台数「33年No.1」のカローラを破った初代フィット
http://kurutopi.jp/article/2806
日本と世界の自動車「保有台数」「生産台数」
http://kurutopi.jp/article/3746


<問題>第5回 3級

次のうち、2016年にもっともたくさん販売された軽自動車はどれですか。

(1) ホンダ N-BOX
(2) ダイハツ ムーヴ
(3) 三菱 eKワゴン
(4) スズキ アルト

あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!