【今年のポイントが一目で!】東京モーターショー2015レポート~輸入車編~

2015.11.06

 

 

前回に引き続き、「第44回東京モーターショー2015」各メーカー注目のクルマ、くる検スタッフが気になったクルマをピックアップしてお届け!!今回は輸入車編です♪

 

 

ちなみに…

今回、くる検も『自動車ジャーナリスト(AJAJ)と巡る東京モーターショー』をお手伝いしています!

黄色いベストが目印です♪見かけたらぜひ声をかけてくださいね!

 

 

 

メルセデス・ベンツ

 

 

130年にわたり最善のクルマを世に送り出すベンツ

 

ダイムラー社の乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」と「smart」。

今回はワールドプレミアのほか自動運転リサーチカー「F015」や新型「GLE」、新型「smart」を日本初披露しました。

 

 

PICK UP!

 

「F 015 Luxury in Motion」

 

 

2015年1月にラスベガスで世界初公開されたメルセデス・ベンツの自動運転リサーチカー「F 015 Luxury in Motion」。

メルセデス・ベンツが考える今後の高級セダンの姿であり、近未来都市における移動ビジョンを示しています。

 

 

ジャガー

 

PICK UP!

 

「F-PACE」

 

 

ジャガー初のパフォーマンス・クロスオーバー新型「F-PACE」。

世界初披露イベントではスタントドライバーのテリー・グラントが360度回転するループコースを走破し、ギネス世界記録を樹立したことでも話題となりました。

 

 

ランドローバー

 

PICK UP!

 

「レンジローバー・スポーツSVR」

 

 

ランドローバー・スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけた「レンジローバー・スポーツSVR」は、最高出力550ps、最大トルク680Nm、0-100km/h加速はわずか4.7秒、最高速度260km/h(リミッター作動時)。

ランドローバー史上最速のハイパフォーマンスモデルで、「007」24作目にも登場予定です。

 

 

フォルクスワーゲン

 

ジャパンプレミア6台を展示

 

先日フランクフルトモーターショーで公開された新型Tiguanをはじめ、コンセプトモデル1台を含む6台を日本初披露しました。

 

 

「新型Tiguan」

 

 

MQBを用いたフォルクスワーゲングループ初のSUV。コンセプトモデルのGTEがブースに展示されました。

 

「Passat GTE」

 

 

ドライバーとクルマの関係性に大きな変革をもたらす、全く新しいプラグインハイブリッド。今回が日本初披露となります。

 

 

アウディ

 

革新的な技術で時代をさきがけるアウディ

 

最新のモデルラインナップ、そしてコンセプト Audi prologue allroad も展示。

近い将来実現される最先端テクノロジー、今後のデザイン性を明示しました。

 

 

PICK UP!

 

「新型A4」

 

 

世界的に大きな注目を集める「新型A4」が日本初公開。2016年初めに日本で発売することが明らかになりました。

 

 

「新型R8」

 

 

 

こちらも注目の新型R8。車体は従来のアルミスペースフレーム構造を継承しながら、後方はカーボン素材を採用しています。

 

 

BMW

 

PICK UP!

 

「新型7シリーズ」

 

 

フルモデルチェンジした新型「7シリーズ」が日本初公開。

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)やアルミを使用した超軽量プラットフォームを採用し、新世代エンジンを搭載。

 

 

ポルシェ

 

PICK UP!

 

「new 911 Carrera 4S」

 

 

「新型911カレラ4S」は、革新的なターボチャージドエンジンでパワフルかつ低燃費を実現。

走行性能のほか、内装もパワーアップしています。

 

 

ミニ

 

PICK UP!

 

「ミニ・コンバーチブル」

 

 

世界初公開。

リゾート感ある夏らしいブース演出で、日常を彩る「新型ミニ・コンバーチブル」の魅力を伝えました。

 

 

プジョー

 

PICK UP!

 

「508GT」

 

 

ディーゼルエンジンを搭載したフラッグシップモデル。フルLEDライトや7インチタッチスクリーン、最高級ナッパレザーを採用するなど、上質で充実した装備です。

 

 

ルノー

 

PICK UP!

 

「Twingo」

 

 

女性から人気を集めそうな愛らしいスタイリングの一方、エンジンはリア搭載で少しマニアックなところが魅力。

 

 

シトロエン

 

PICK UP!

 

「C4 CACTUS」

 

 

シトロエンの「今」を体現した独創的なデザイン。車重1t前後の軽量ボディは「TECHNOLOGIE(先端技術)」を実用化したものです。

 

 

DS

 

PICK UP!

 

「DS4 CROSSBACK」

 

 

新型DS4をベースとし、クロスオーバーSUVの要素を持った「DS4 CROSSBACK」。

シトロエンから独立したDSの存在感が表れています。

 

 

アルファロメオ

 

PICK UP!

 

「Alfa Romeo Giulietta」

 

 

伝統のイタリアン・プレミアム・コンパクトカーにダウンサイジングテクノロジーを採用した1.4Lマルチエアエンジン搭載で、先進性も兼ねそろえています。

 

 

「Alfa Romeo 4C Spider」

 

 

クーペのスタイリングもオープン化された姿も美しい「4Cスパイダー」。

ソフトトップをカーボンファイバー製のハードトップに変更できるオプションも用意されています。

 

 

フィアット

 

PICK UP!

 

「Fiat 500」

 

丸いフォルムが可愛らしいフィアット500(チンクエチェント)。

 

 

「Fiat 500X」

 

 

フィアットブランド初のコンパクトSUV。フィアットらしいお洒落なフォルムの5ドアハッチバックにタフなパワートレインが組み合わさています。

 

 

 

ジープ

 

PICK UP!

 

「Jeep Wrangler」

 

 

70年の歴史を持ち、ジープの本流ともいえるラングラー。そのフォルムとフロントマスクからは、何よりも機能を優先してきたジープのDNAが感じられます。

 

 

「Jeep Renegade」

 

 

ジープが初めて挑戦するスモールSUV。

小柄なボディながら、その佇まいや走りにはジープらしさが詰まっています。

 

 

アバルト

 

PICK UP!

 

「Abarth 695 Biposto」

 

 

 

レーシーを旨とするアバルトブランドの中でも、スパルタンさを突き詰めた「アバルト 695 ビポスト」。徹底した軽量化を行っています。

 

 

「Abarth 595C」

 

 

595は500をベースにサーキットバトラーとして磨き上げられたマシンで、595Cはそのキャンバストップバージョン。

 

 

次回は番外編♪

 

東京モーターショー2015レポート~輸入車編~、いかがでしたか?

次回はこれまで紹介しきれなかったクルマや、くる検スタッフが気になったクルマ、まだまだご紹介していきます!!

お楽しみに~☆

 

 

東京モーターショーに関する過去問題

 

くるまマイスター検定の過去問題から、東京モーターショーに関する問題をピックアップ!

 

 

ジュニア(第2回)

新型車や新技術などが発表され、大勢の人が集まるモーターショー。世界5大モーターショーの一つで、2015年に日本で開催される「第44回東京モーターショー」の開催会場は次のうちどこですか。

①幕張メッセ
②東京ビッグサイト
③横浜アリーナ
④東京ドーム

 

 

3級 (第2回)

東京モーターショーは、その前身「全日本自動車ショウ」を含め首都圏の各地で開催されてきました。次のうち、これまでに開催されたことがない場所はどこですか?

①後楽園(東京都)
②晴海(東京都)
③幕張(千葉県)
④代々木公園(東京都)

 

 

 

あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!