【新車情報】アメ車風の新型車「ミツオカ・ロックスター」発売

2018.12.18
01
光岡自動車は、2018年11月29日(木)、限定生産の新型車「ロックスター」を発表しました。12月1日(土)より受注が開始され、限定数は、200台。価格は、¥4,698,000~¥5,184,000となります。

ロックスターは、光岡自動車創業50周年を記念して開発されたモデルで、往年の名車である2代目シボレー・コルベット風のスタイルが与えられているのが特徴です。ベースとなったのは、現行型マツダ・ロードスター(ソフトトップ仕様)で、長年、ヨーロッパ車風のクラシカルなカスタマイズカーを送り出してきた光岡自動車初のアメリカ車デザインをモチーフにしたものであるのも注目されています。

ディテールへのこだわりがアメ車らしさを演出する

02 03
前後マスクを完全に作り変えることで、C2風の迫力あるデザインに仕立てられているロックスターは、ロードスターよりもサイズアップされているものの、ボディサイズは全長4,345mm×全幅1,770mm×全高1,235mmとコンパクト。アメ車らしさを十分に再現するのは、細やかなディテールのこだわりでしょう。
04 05 06
スチール製の風合いを持つ樹脂製メッキバンパー、スリット入りのボンネット、エアダクト付きのサイドフェンダーなどの装飾は、オリジナルのパワフルさを連想させるポイント。前後のランプ類もデザインに合わせた丸目LEDライトを採用しています。足元には、ヴィンテージスタイルのタイヤとアルミホイールのセットも用意されており、よりアメ車感を出すには、マストアイテムとなっています。

ボディカラーは、撮影車のロサンゼルスブルーを始め、米国の地名を持つオリジナルの全6色から選択でき、ソフトトップも黒を基本としますが、オプションを含めると4色から選ぶことができます。

形状は変らないながらも光岡テイストが光る

インテリアはロードスター同様となりますが、シンプルかつスポーティなデザインのため、ロックスターのエクステリアとの相性も抜群です。
07 08 09
インテリアの樹脂パネルもボディ同色化が可能な他、レザー仕様シートを用意するなど、光岡ならではのカスタマイズプランもしっかりと用意されています。

限定200で増産はなし。欲しい方はお早めに

限定台数のうち、すでに50台は光岡車ユーザーに向けて先行販売されており、一般販売されるのは、150台のみ。来年から生産を開始する予定で、2019年度は先行の50台を、残りは2020年度と2021年度にそれぞれ75台ずつを生産することが明かされています。

このため、どんなに早いユーザーでも納車は来年の初夏ごろとなるようです。ネットでも話題となっている同車。今すぐ注文しても納期は、ずっと先になりますが、人気があっても増産はしない方針ということなので、欲しい人は早めに光岡自動車ディーラーに出向いた方が良さそうです。

text & photo by OHTO Yasuhiro edit by 木谷宗義

▼ワイルドにイメチェン!シボレー・カマロがマイナーチェンジ
https://kurutopi.jp/article/12752
▼ スーパーアメリカンガレージ2018 in 朝霞の森
https://kurutopi.jp/article/9685
▼その他の新車情報はこちら
https://kurutopi.jp/tag/新車情報
あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!