【新車情報】普及型テスラ!モデル3を日本初公開

2018.11.19
tesla_model3_01
テスラジャパンは、2018年11月8日(木)、新型EVセダン「モデル3」を日本初披露しました。

モデル3は、ロードスター、モデルS、モデルXに続く新型車で、テスラの中でもっとも価格を抑えた普及モデルとして注目を集めています。2016年3月末より予約受付を開始していますが、米国でのモデル3の納車も本格化したばかり。現時点では、日本仕様の詳細と価格もまだ公表されていません。このため、今回、お披露目されたのは、米国仕様のモデルです。

ボディサイズはDセグメントクラス

前後のオーバーハングが短く丸みを帯びたデザインは、卵を連想させます。グリルレスのフロントマスクもEVらしさを強調するポイント。写真ではコンパクトに見えますが、実車を前にすると、「思ったよりも大きいな」というのが正直なところです。
tesla_model3_02 tesla_model3_03
そのボディサイズは全長4,694mm×全幅1,849mm×全高1,443mmで、ホイールベースは、2,875mmとなっています。サイズの近いモデルがメルセデス・ベンツCクラスなどDセグメントクラスといえば、わかりやすいかもしれません。

インテリアは、スイッチなどを徹底的に排除したすっきりしたもの。昨今のトレンドともいえますが、モデル3ではさらに一歩進んで、メーターパネルまで取り払われているのが特徴です。モニターは、ダッシュボード中央の15インチのタッチスクリーンのみ。ここにメーター機能も組み込んでいるとのこと。操作に必要なレバーは、ステアリングポストに集約されています。5名乗車が可能で、前後ともに足元は広々しています。
tesla_model3_04 tesla_model3_05 tesla_model3_06 tesla_model3_07
パワーユニットは、3タイプ。米国仕様では、バッテリー容量とモーター出力が異なる「ミッドレンジ」、「ロングレンジ」、「パフォーマンス」の3タイプを設定。

■ミッドレンジ
・航続距離:約418㎞
・最高速度:201㎞/h
・駆動方式:1モーターの後輪駆動車
・価格:46,000ドル

■ミッドレンジ
・航続距離:約498㎞
・最高速度:233㎞/h
・駆動方式:2モーターの4WD車
・価格:53,000ドル

■パフォーマンス
・航続距離:約498㎞
・最高速度:249㎞/h
・駆動方式:2モーターの4WD車
・価格:64,000ドル

日本仕様は右ハンドルで2019年後半に納車開始予定

注目の日本仕様は、全車が右ハンドル仕様となる以外、現時点では未定とのこと。「日本での納車開始は、2019年後半を予定」とだけアナウンスされています。このため、日本で予約を行った顧客には、詳細が決まり次第、ディーラーから連絡があり、オーダー内容を決めることになるそう。最新情報では、右ハンドル車の開発は進められており、来年の生産開始が予告されています。
tesla_model3_08 tesla_model3_09
気になる価格は、他モデルの価格設定から見ても、本国よりも高くなることが予想されます。それでももっとも身近なテスラであることには変わりません。また自動運転レベル2相当の運転支援機能「オートパイロット」も備えており、ハードウェアは、モデルSなどの上級モデルと共通なので、同様の機能を使用することができるとのこと。サイズ的にも日本の道路事情にもっともマッチしたテスラといえるでしょう。今後、この米国仕様のモデル3の展示イベントが全国各地で行われるようなので、あなたもどこかで見かける機会があるかもしれませんね。

text & photo by OHTO Yasuhiro edit by 木谷宗義

▼その他の新車情報はこちら
https://kurutopi.jp/tag/新車情報
▼マイナーチェンジされたテスラ・モデルSに試乗!
https://kurutopi.jp/article/1384
▼2018年度版 試験直前対策に!? クルマ知識が身につく「豆知識記事」まとめ
https://kurutopi.jp/article/7980
あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!