【新車情報】カフェを連想させる特別仕様!シトロエンC3 CAFE EDITION登場

2018.07.17

01
プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトカー「C3」の特別仕様車「CAFE EDITION(カフェ・エディション)」を2018年6月7日(木)より発売しました。価格は、252万円です。

昨年フルモデルチェンジされたシトロエンC3は、日本に限定導入された個性派クロスオーバーの「C4 カクタス」にも採用された個性的なサイドドアモール「エアバンプ」を備えるなど、新生代シトロエンのデザインを取り入れたユニークなコンパクトカーで、未来的で愛嬌たっぷりのスタイルが特徴です。

02

コーヒー連想させる3つのカラーをコーディネート

今回のモデルは、上級グレード「SHINE」をベースに、コーヒーを連想させる特別仕様を施したもの。外観上の特徴となる専用ボディカラーは、カフェオレを連想させる「ブラウン×ホワイトルーフ」、ミルクとブラックコーヒーを連想させる「ブラック×ホワイトルーフ」と「ホワイト×ブラックルーフ」の3つの組み合わせを用意。ボディサイドには、特別仕様車を示すステッカーと、標準品よりも1インチアップとなる17インチホイールが装着されています。

03 04

インテリアはライトブラウンがアクセント

インテリアは、カタログモデルでは選択できないライトブラウンの人工皮革をアクセントとしたツイード柄の上質なファブリックシートに加え、運転席センターアームレストを追加。レザーステアリングやダッシュボードにもライトブラウンを取り入れることで、落ち着きあるカフェのような空間に仕上げています。

05 06

なおパワートレインは、ベース車同様に110psを発揮する1.2L直列3気筒ターボに6速ATの組み合わせた使い勝手の良さに定評のあるものです。

昨年だけで、先代モデルの年間最多販売台数を上回るなど好調な滑り出しを見せている新型C3。ポップな新型C3に新たなイメージとなる特別仕様車「カフェ・エディション」は、ちょっと大人っぽい仕様ともいえ、手頃な輸入車を求めるユーザーにも注目されそうですね。

text & photo by OHTO Yasuhiro
edit by 木谷宗義

▼マロニエ・オートストーリー「春」ミーティング2018 ~シトロエンCX同乗レポート~
http://kurutopi.jp/article/10056
▼シトロエン志都呂ミーティング2018 ~浜松市“志都呂町”にシトロエンが大集合~
http://kurutopi.jp/article/9341

あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!