【車イベント】メガスーパーカーモーターショー2018 in 熊本 ~総額10億円を超えるスーパーカーの共演~

2018.06.16

01
クルマ好きなら一度は憧れる「スーパーカー」。普段、街中で走るクルマとは明らかに異なるスタイリングは、それだけ周囲の視線を集めるオーラを放ちますよね。近年では、このスーパーカーを上回る「メガスーパーカー」、あるいは「ハイパーカー」と呼ばれる、まるでゲームの世界から飛び出してきたような超高性能車も登場し、メーカーから認められた限られたオーナーに向けて販売されています。

「メガスーパーカーモーターショー2018 in 熊本」は、そんなメガスーパーカーたちが一堂に会し、「誰でも」「360度」「好きなだけ」眺め、写真を撮りそして、その“メガサウンド”を聞くことができるイベント。主役は2台の「ブガッティ」と「ケーニグセグ」(3台で総額10億円以上!)です。

最高速430km/h!ブガッティ・ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセ

 ブガッティ・ヴェイロンは、2005年~2015年にかけて生産された仏ブガッティ車のメガスーパーカー。フォルクスワーゲン社の技術の集結により開発され、“1001馬力/最高速度407km/h”というトンデモ性能で世間をあっと言わせました。

02

メガスーパーカーモーターショーに展示されたのは、より高性能化(最高出力1200馬力/最高速度430km/h!)したスポーツグレード「グランスポーツ」のオープンモデル「ヴィテッセ」です。お値段は約3億円!

ヴェイロンの後継モデル「シロン」は1500馬力

03

ヴェイロンの後継モデルとして2016年に発表されたのが、「シロン」。搭載されているエンジンは「ヴェイロン」と同じ、8.0L W型16気筒クワッドターボエンジン。ざっくり言うとこのエンジンは、V8ツインターボが2つ傾いて横並びになっているというイメージのもの。その最高出力はなんと1500馬力と、「日産GT-R NISMO」の約2.5倍ものパワーを発揮します。公称最高速は420km/h。タイヤが耐えられれば、理論上は480km/h以上にものぼる性能を秘めているとか。。

04

この個体は日本第1号車で、お値段およそ4億円。そのうち約6000万円が、スペシャルオプションとのことです。オプションだけで新車のランボルギーニ アヴェンタドールが買えてしまう……。

日本専用限定3台の「ケーニグセグ・アゲーラRSR」

2台のブガッティは、鮮やかでエレガントな印象でした。それと対極的なのが「ザ・モンスターマシン」という風貌を持つ「ケーニグセグ・アゲーラRSR」です。ケーニグセグは、あまり聞き慣れないメーカーかもしれません。

05

ケーニグセグは、「ボルボ」&「家具のイケア」と同じ北欧・スウェーデンの自動車メーカーで、1994年に設立された比較的新しいメーカーです。2000年代より、「CCシリーズ」を始めとした少量生産のメガスーパーカーを作っています。アゲーラは現在、同メーカーの中心的なモデルで「RSR」とつくこのグレードは、日本限定モデルとしてたった3台だけが製作されたもの。

06

クルマの大部分で目につく“しま模様”は、レーシングカーの必須素材である「ドライカーボン」の証。軽量かつ丈夫な車体に載せられるエンジンは、5.0L V8ツインターボエンジンで最高出力1160馬力、最高速400km/hオーバーと、ブガッティに負けず劣らずの高性能を誇ります。こちらもお値段、約3億円!

すべてひとりのオーナーの愛車!メガスーパーカーを買う心構えとは?

「ブガッティ・ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセ」「ブガッティ・シロン」、そして「ケーニグセグ・アゲーラRSR」は、なんとすべてひとりのオーナーによる所有だというから驚きます。そのオーナーは、今イベントの主宰である芝浦グループホールディングス株式会社・代表取締役会長兼CEO 新地哲己さん。太陽光発電付きマンションやメガソーラーの開発で、成功を収めた人物です。

07

「このイベントは若者、特に子どもたちがスーパーカーに憧れて、『買える人になってみせる』と思ってほしいと開催しました。ここでスーパーカーを見た子どもたちの中から将来、事業を起こしてチャレンジする大人が生まれればと」と語っていました。

また新地会長は「メガスーパーカーは、最初の1台を買うのがとても大変。買ってなおかつ維持できる経済力があるか、さらにブランドに相応しい人間であるかをメーカーが調査するためです。ただ宝くじが当たっただけでは売ってくれません。最終的な車両価格も、納車時までわからないのでかなり不安になります。オーダーするときに値段のことを気にしているとメーカーから『買わなくていいです』と言われます」と、メガスーパーカーオーナーになるまでの苦労を笑顔で話します。

メガサウンドと九州美女

イベントの途中には、このメガスーパーカーのエンジンサウンドを目の前で聴ける大変貴重なプログラムも。

さらに上品な九州美女たちが、メガスーパーカーの魅力を引き立てていました。また、3台のメガスーパーカーの他にも、ディーラーや主催者の協力でたくさんのスーパーカーも展示。

0809 10

ひとりの成功者によるメガスーパーなイベント。ここから本当に、未来のメガスーパーカーオーナーが生まれるといいですね。「メガスーパーカーモーターショー in 熊本」は、次回の開催もすでに決定しており、2019年7月に「マリンメッセ福岡」で開催予定とのことです。次回は実際に走っている姿も見てみたいですね!

text & photo by クリハラジュン, edit by 木谷宗義+Bucket

▼メガスーパーカーモーターショー公式サイト
http://www.megasupercarmotorshow.com/
▼塚本奈々美のCrazy for Cars!Lap35 メガスーパーカーモーターショー
http://kurutopi.jp/article/6562
▼フェラーリやランボルギーニが70台!スーパーカーだけのツーリングに密着
http://kurutopi.jp/article/6896

あなたのくるま知識試してみませんか?第6回くるまマイスター検定2018年11月14日(水)・18日(日)開催決定!