【ゴールデンウィーク直前! 初夏ドライブ】Vol.01 クロード・モネの名画に浸れる場所「モネの池」

2018.04.19

印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの代表作である「睡蓮」。美しい光や透明度の高い水の描写には、誰もが心を奪われます。その有名なモネの名画「睡蓮」を彷彿とさせる景色を見られる場所が、岐阜県関市板取の根道神社の境内にある、名もなき池(通称 モネの池)です。

bsummer_drive_vol1_01

数年前からSNSで話題になり、今では県内外から美しい池を一目見ようと、たくさんの観光客が訪れるようになりました。絵画そのものを見ているような神秘的なモネの池は、水深約1メートルの所に透明度の高い湧水が流れ、そこに睡蓮が咲き、錦鯉が優雅に泳いでいます。こちらの睡蓮は、池の前にある「フラワーパーク板取」の店主が約20年前に植えたもの。とくに睡蓮の花が咲く初夏は絶景です。

bsummer_drive_vol1_02

車で訪れる際は「フラワーパーク板取」をナビに登録しておくと安心です。日常の疲れを癒すスポットとしておすすめです。

モネの池
岐阜県関市板取上ケ瀬1643−17
0581-57-2111 (板取事務所)
https://www.kankou-gifu.jp/spot/5094/

text:吉木のり カーユニウーマン編集部