【モータースポーツ】緊張と興奮! 波乱の中で開幕を迎えたSUPER GT 2018第1戦「岡山」

2018.04.18
supergt18_okayama_01

4月7日(土)~8日(日)、例年のレースカレンダー通り、SUPER GTの2018年シーズンは岡山国際サーキット「OKAYAMA GT 300km RACE」で開幕戦を迎えました。開幕戦は、レース関係者はもちろん、ファンも緊張感を持った中で始まるもの。「どのようなレースになるのか?」という不安と、「早くレースを観たい!」という興奮が織り混ざる中で、レースはスタートします。



天候不順が混乱をもたらした予選

4月7日(土)。公式練習では各チームがテストの結果を踏まえたタイヤ選択やマシンのセットアップなど、予選に向けて実践メニューを消化していきます。天候が崩れるという予報もありましたが、ひとまずは晴れの中で練習走行は進行していきました。

そして予選が始まると、各車はタイヤをいたわりながらタイムアップを狙っていきます。SUPER GTでは、予選1回目の「Q1」で上位に入ることができれば、続く予選2回目「Q2」へ進出できる仕組み。そのため、Q1はまずまずのタイムを出せば良いわけですが、それでも熾烈な戦いが繰り広げられます。

supergt18_okayama_02 ※写真は決勝時

GT500クラスのQ1トップは、「#24フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R」。ここ数年はレクサス優勢が続いていましたが、1位:GT-R、2位:NSX、3位:GT−Rと、これまでとは異なる結果が見られました。GT300クラスは「#25 HOPPY 86MC」がQ1トップに。

supergt18_okayama_03 ※写真は決勝時

そして「いよいよQ2が始まる」というタイミングで予期せぬ雨が。タイヤ交換などが慌ただしく行われ、そのまま激しい雨の中、GT300クラスから予選Q2がスタートしました。

JAF-GTマシンが有利だと言われる岡山国際サーキットですが、雨の中の予選で形成は逆転。GT-3勢が電子デバイスを有効に使い、次々と好タイムを叩き出します。結果は、トップ「#88 マネパ ランボルギーニGT3」、2位「#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS」、3位「#11 GAINER TANAX GT-R」、4位「#65号車 LEON CVSTOS AMG」となりました。

supergt18_okayama_04 ※写真は決勝時

GT500クラスが走行を開始するころには雨は一段落したものの、ウェット路面でのアタックとなり、トップに「#17 KEIHIN NSX-GT」、2位は「#8 ARTA NSX-GT」、3位には今季GT500クラスにステップアップした「#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」という結果に。4位は「#6 WAKO’S 4CR LC500」でした。

supergt18_okayama_05 ※写真は決勝時


決勝は「タイヤ無交換作戦」が功を奏す予想外の展開

岡山国際サーキットは、コース全長が3.703mと短く、GT500クラスでは1周を1分18秒前後で周回するため、10周目前後にはGT500クラスがGT300クラスを周回遅れにする展開となります。

GT500クラスは、周回遅れとなるGT300クラスを上手に交わしながら、ライバルとのポジション争いをしていくことが重要です。ときには、GT300クラスの影響で、展開が大きく変わることも。またGT300クラスも自分たちの戦いの中で、上手にGT500クラスに“抜かれていく”こと、GT500のバトルに乗じて、隙をついてライバルのマシンを抜いていくことが必要とされ、レースの緊張感が産まれます。

supergt18_okayama_06

今回は「SUPER GT Rd.1 OKAYAMA GT 300km RACE」という名前の通り、決勝はトップのマシンが300kmを走った時点でチェッカーフラッグが振られます。タイヤ交換や給油、ドライバーチェンジは、概ねレース半分の30周~40周のあたり。そこからチェッカーに向けての追い込みが始まります。

supergt18_okayama_07

今回はGT500のトップを走る「#17 KEIHIN NSX-GT」と「#1 KeePer TOM’S LC500」、さらにタイヤ無交換という戦略で勝負に出た「#100 RAYBRIG NSX-GT」が、激しいバトルを展開。また5番手「#23 MOTUL AUTECH GT-R」、6番手「#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R」、7番手「#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」の3台のGT-Rも、見応え十分な戦いを繰り広げました。

supergt18_okayama_08

タイヤや燃費、コースレイアウトなどの条件から「JAF-GTマシンが有利」とされていたGT300クラスは、前述の通り予選はGT3勢がトップを占めましたが、レースが始まってみればJAF-GT、GT-3マシンともに抜きつ抜かれつのバトルに。タイヤ無交換作戦を得意とする「#25 HOPPY 86MC」が徐々に順位を上げてトップに立つと、気がつけば後ろには、同じくタイヤ無交換作戦を採った「#18 UPGARAGE 86 MC」がヒタヒタとその様子を伺うという展開になります。

supergt18_okayama_09

また、予選20番手に沈んだ「#7 D’station Porsche」が、リアタイヤのみを交換する作戦を摂り、気がつけばトップ3の中に。GT500クラスの激しいバトルに揉まれながら、18号車はトップを行く25号車を抜き、悲願の優勝を飾ります。2位には7号車のポルシェ、3位は25号車という結果になりました。

supergt18_okayama_10


次戦の行方は?

次戦はゴールデンウイーク真っ只中の5月3日(木)~4日(金)に行われる「富士500kmレース」。毎年、シーズン中で最高の観客動員数を誇るレースです。

開幕戦は下位に沈んでしまったレクサス勢の巻き返しや、今回がデビュー戦となりながら残念な結果に終わってしまったNSX GT3(GT300クラス)の行方に注目が集まります。上位陣にはウエイトも積まれることから、より激しいバトルが繰り広げられることしょう。

<Results>
~GT500クラス~
1位:#17 KEIHIN NSX-GT
2位:#100 RAYBRIG NSX-GT
3位:#1 KeePer TOM’S LC500
4位:#6 WAKO’S 4CR LC500
5位:#23 MOTUL AUTECH GT-R

~GT300クラス~
1位:#18 UPGARAGE 86 MC
2位:#7 D’station Porsche
3位:#25 HOPPY 86 MC
4位:#65 LEON CVSTOS AMG
5位:#11 GAINER TANAX GT-R



フォトギャラリー

supergt18_okayama_11 supergt18_okayama_12 supergt18_okayama_13 supergt18_okayama_14 supergt18_okayama_15 supergt18_okayama_16 supergt18_okayama_17 supergt18_okayama_18 supergt18_okayama_19 supergt18_okayama_20

text & photo by 雪岡直樹 edit by 木谷宗義+Bucket


▼昨年のレースレポートやSUPER GTに関連する記事はこちら!
http://kurutopi.jp/tag/super-gt