【モータースポーツ番外編】成田空港を発つWRX STI ニュルブルクリンク24時間レース参戦マシンを見送る

2018.04.08
subarunarita_nbr24h_01

3月22日(木)、ニュルブルクリンク24時間レース(以下:NBR24Hレース)に参戦するスバル/STIのマシン「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018」が、成田国際空港からドイツに向けて出発しました。

スバル/STIは、NBR24Hレースに2008年よりインプレッサWRX STIで2.0L以下のターボ車で争われるSP3Tクラスに参戦し続け、すでに4度のクラス優勝を獲得。しかし、10回目の参戦となった昨年は、マシントラブルにより初めてのリタイヤを喫しており、今年はその悔しさを胸に秘め、王座奪還を目指しての参戦となります。

subarunarita_nbr24h_02 ニュルブルクリンク24時間耐久レース2017(写真:スバル)

輸送には、JAL(日本航空)の旅客機を使った自動車輸送サービス「J SOLUTIONS WHEEL」が利用され、その積み込みの模様が報道陣に公開されました。9時50分ごろトーイングトラクターに引かれたマシンは、フランクフルト行きJAL407便のボーイング787-9に横付けされ、自動車輸送用の専用パレットに乗せられたままハイリフトローダーで持ち上げられて前方のドアより格納されました。

subarunarita_nbr24h_03 トーングトラクターに引かれ駐機場を移動する「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018」 subarunarita_nbr24h_04 ハイリフトローダーで格納ドアの高さまで持ち上げる様子を見守るSTI辰己英治総監督

このサービスは、機体の進行方向と同じ向きにクルマを積み込むため、車体の長さや幅に余裕があります。反面、旅客機の客室部分の下に格納される都合上、車両の全高が1490mmまでに制限されるため、今回の作業でもリアスポイラーの高さがギリギリで、積み込みに少々手間取るシーンも見られました。しかし、担当したスタッフの方は、「通常の積み込みより非常に楽で、時間の短縮も可能となった」と話していました。

subarunarita_nbr24h_05 格納可能な高さギリギリのリアスポイラー subarunarita_nbr24h_06 機体に対し縦に積まれるので全長や全幅に余裕がとれる格納庫

フランクフルト直行便の場合、12時間程度の飛行時間ですから、今回のように11時00分発の場合、時差の関係で同じ日付の15時頃には到着します。現地に赴いたSTIの辰己英治総監督によると、「航空便の利用により得られる輸送時間の短縮は、テスト期間の確保のために非常に有効であり、実際に国内で3月の中旬まで行われたテストによりすでに十分な結果が得られている」とのことです。

subarunarita_nbr24h_07 「FRA」はフランクフルト空港の空港コード

マシンは4月14(土)~15日(日)にニュルブルクリンクで行われるQF(クオリファイ)レースに臨みます。こちらはNBR24Hレースを前提とした6時間耐久レースで、ここで上位に入ったマシンがNBR24Hレース本戦のトップクオリファイに進出できるという大切なレースです。

また、このレースへの参戦でマシンの最終チェックも行われます。ここでは日本でテストを重ねてきた井口卓人選手、山内英輝選手は国内でSUPER GTのテストがあるため参加できませんが、本戦で2人とともに戦うカルロ・ヴァンダム選手、ティム・シュリック選手がステアリングを握ります。その後4月20日(金)のテストデイには、井口・山内両選手が現地に飛び、慣熟を兼ねたテスト走行を行ったあと、エンジンやトランスミッションを交換し本番に臨むそうです。

subarunarita_nbr24h_08 SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018」を載せて成田を飛び立つボーイング787-9。フランクフルトには定刻より少し早い現地時間22日14時48分に到着した

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、5月10日(金)から13日(日)にかけて行われます。このレースのために、スバル/STIは昨年の秋からマシンの開発やテストを続けてきました。

その機体の一部(中央翼)の生産をスバルの航空宇宙カンパニーが担うボーイング787-9でドイツに運ばれたマシン「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018」。11度目の参戦で5度目のクラス優勝を目指すスバル/STIの戦いが今から楽しみです。

text & photo by 高橋学, edit by 木谷宗義+Bucket


▼スバルに関連する記事はこちら
http://kurutopi.jp/tag/スバル
▼モータースポーツ関連記事はこちら
http://kurutopi.jp/tag/モータースポーツ