【新車情報】第2弾はコンパクトSUV!ジャガーEペイス日本上陸

2018.03.08
938_jaguar_e-pace_01

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2018年2月22日、コンパクトSUV「Eペイス」を日本初披露しました。同日より販売が開始され、価格は、451万円~764万円です。

938_jaguar_e-pace_02

ジャガー初のSUV「Fペイス」に続き送り出されたSUVの第2弾は、コンパクトSUVの「Eペイス」で、スポーツカーライクなスタイルと走り、そして高い実用性を備えているのが特徴です。

938_jaguar_e-pace_03 938_jaguar_e-pace_04

エクステリアは、同社のスポーツカー「Fタイプ」の強い影響を受けたスポーティなもの。ボディサイズは、全長4410㎜×全幅1900㎜×全高1650㎜と兄貴分となるSUVのFペイスよりもコンパクトにまとめられています。標準スタイルに加え、よりスポーティなキャラクターを強調した”R-DYNAMIC”の2種類を用意。ただ基本性能は共通で、違いはパーツなどとなります。

938_jaguar_e-pace_05 938_jaguar_e-pace_06 938_jaguar_e-pace_07 938_jaguar_e-pace_08

インテリアは大人5名の乗車スペースに加え、577L~最大1234Lのラゲッジスペースを備え、かなり実用的。もちろん、インテリアもFタイプの影響を強く受けており、コクピットはかなり近い雰囲気に仕上がられています。

938_jaguar_e-pace_09 938_jaguar_e-pace_10

インフォテイメントシステムは、10.2インチタッチスクリーン式の”IN CONTROL TOUCH PRO”を全車に標準化。オプションとして連携可能なフルカラーディスプレイメーターパネルとジャガー初のフルカラーヘッドアップディスプレイも用意されています。また緊急ブレーキなど話題のADAS機能も積極的な搭載が進められています。

938_jaguar_e-pace_11

パワートレインは、新世代INGENIUMエンジンを搭載しており、全車2.0L直列4気筒ターボエンジンとジャガー初の9速ATの組み合わせとなります。エンジン仕様は、ガソリンが249ps/365Nmと300ps/430Nmと出力の異なる2種類、クリーンディーゼル仕様は、180ps/430Nmの1種類を設定。さらに日本仕様は、全車にAWDが標準搭載されています。

938_jaguar_e-pace_12

ジャガーでは、新しい価値を持つ存在としてEペイスを「ベイビージャガー」の愛称で呼んでおり、その若々しいイメージが日本市場でも幅広いユーザーから注目を集めることを期待しているとのことです。

text & photo by OHTO Yasuhiro