【豆知識】三菱500 ~三菱が自社開発した最初の乗用車~

2017.08.28
tips_mitsubishi_1

「国民車構想」と聞いて思い浮かべるクルマはなんでしょうか? きっと、多くの人が「スバル360」を連想したことと思います。マツダファンなら「R360クーペ」かもしれません。しかし、他にも忘れてはいけないモデルがあります。「三菱500」です。



初めての完全自社開発モデル

「国民車構想(国民車育成要綱案)」は、1955年に当時の通産省が発表した自動車普及のための要綱。

最高速度100km/h以上、定員4人、エンジン排気量350~500cc、燃費30km/L以上、販売価格25万円以下、1958年までに生産開始ができることなどが目標とされ、自動車メーカー各社が開発に臨みました。三菱500は、現在の「三菱自動車工業」の前身となる「新三菱重工」が生み出した、その果実のひとつです。

tips_mitsubishi_2 三菱A型(1917年)

三菱では、それまでにも「三菱A型」や「ジープ」といったクルマを生産していましたが、三菱A型は海外メーカーの技術を参考にしたもの、ジープはノックダウン生産車でした。三菱500は、三菱初の完全自社開発モデルであるという点で、三菱にとって歴史的に大きな意味のあるモデルです。



豪華さよりもメカニズムを優先した設計

三菱500は、1959年秋のモータショーで発表。1960年に、39万円の価格で発売されました。全長3160mm×全幅1390mm×全高1380mmの大きさを持つボディのリヤに、空冷直列2気筒OHVエンジン(18kW/25ps)を搭載。価格こそ上回ってしまったものの、国民車構想の要件の多くを満たしていました。

tips_mitsubishi_1 三菱500 A11型(1961年)

モノコック構造のボディや4輪独立懸架サスペンション、ラック・ピニオン式ステアリングなど、当時としては先進的なメカニズムを採用。日本で初めて風洞実験を実施したクルマでもありました。

一方で、発売当初は方向指示器がBピラーに装着された片側1個だったりメーター類は速度計のみだったりと、装備は徹底してシンプルに。メッキバンパーなども装備されず、豪華さよりもメカニズムを優先して設計が採られていました。



わずか4年で生産終了

では、三菱500は当時の日本市場でどのような評価を得たのでしょうか? 結論からいえば、ヒットモデルにはなりませんでした。

走行性能への評価は悪くなかったものの、先にデビューしていた軽自動車のスバル360とあまりボディサイズが変わらなかったことや、翌年に登場したトヨタ・パブリカが700ccエンジンを搭載していたことなどから、アドバンテージが得られなかったのです。

tips_mitsubishi_3 パブリカ UP10型(1961年)

1960年秋にはヒーターなどを装備する改良を、1961年には乗車定員を4人から5人に、エンジン排気量を594ccに拡大した「三菱500スーパーデラックス」を発売しますが、大ヒットには至らず、1962年にボディを拡幅し内外装をリファインした「コルト600」に進化。しかし、このコルト660もおよそ2年で生産を終了します。1960年の登場から1964年のコルト600までの生産台数は、およそ2万7000台でした。

ちなみに、三菱500は1962年のマカオ・グランプリレース(Aクラス:750cc以下)に出場し、1~4位を独占。コルト600も、1963年のマレーシア・グランプリレース(600cc以下)で1~3位を獲得しており、モータースポーツではその性能を実証していました。



歴史に残るクルマに注目してみよう

1950~1960年代は、日本のモータリゼーションが本格的な幕開けを迎えた時代。自動車メーカー各社は、さまざまなモデルを開発し市場に投入していきました。その中には、三菱500のようにヒットに恵まれなかったクルマも少なくありません。三菱500は、よくある「名車カタログ」に載っているクルマではないかもしれませんが、歴史的には重要な1台です。こうしたクルマに目を向けてみると、またクルマの歴史に対する思いが新たになるものです。


Text by 木谷宗義+Bucket
Photo by トヨタ博物館、三菱自動車工業

<関連記事>
クロカンブームの立役者、三菱パジェロ
http://kurutopi.jp/article/3011
三菱初のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車、ギャラン(1987年)
http://kurutopi.jp/article/4799
歴史に名を残す名車たち 1950年代の国産車編
http://kurutopi.jp/article/4309
1958年に誕生!国民車構想で生まれた「スバル360」
http://kurutopi.jp/article/1089


<問題>

1955年の通産省(現経済産業省)によるモータリゼーションプランの後、1960年に市販開始された三菱初のオリジナル乗用車は、次のうちどれですか。

(1)三菱 500
(2)三菱 コルト
(3)三菱 ミニカ
(4)三菱 360