【車イベント】フィギュアだけじゃない!ワンダーフェスティバル 2017[夏]

2017.08.09
wfes17s_01

7月30日(日)、フィギュアやガレージキットなどを展示・即売する国内最大の造形イベント「ワンダーフェスティバル 2017[夏]」が、千葉県の幕張メッセで行われました。メインに展示・販売されるものは、キャラクターモノのフィギュアが多いのですが、クルマに関連する商品や展示物も多く、このイベントの魅力のひとつになっています。



「サーキットの狼」のライバルマシンがモデル化

wfes17s_02

模型関連の展示でフジミ模型を忘れてはいけません。今回は、スーパーカーブームの時代に一世を風靡した人気漫画「サーキットの狼」から、主人公・風吹裕矢のライバル、早瀬佐近のマシンである「ポルシェ 911 カレラ RSR ターボ 2.1 」をモデル化。なんとこのキット、より忠実な再現にするために、ドイツ・シュツットガルトにあるポルシェミュージアムで現存する同型車を取材し、車体形状を忠実にスキャンしたそうです。

余談ですが、序盤に登場した際の早瀬のチーム名を聞いたら現地の人が怒りそうだけど大丈夫だったんですかね?(ここでそのチーム名を明記すると語弊がありそうなのでネットで調べてください)



プラモデル初心者にオススメのハスラー

wfes17s_03

他にもフジミ模型では、ズスキ・ハスラーを自社ブランドである「車NEXT」シリーズでキット化すると発表していました。このキットは、最近同社アピールポイントのひとつとなっている、カラー分割のキットになっていて、未塗装でも実車に近いカラーリングのモデルが作れます。しかもスナップキットなので、接着剤も不要。プラモデルの入門キットとして、親切な設計になっています。



レヴォーグ&ヴェゼルのディスプレイモデル

wfes17s_04

インターアライドでは、スバル・レヴォーグとホンダ・ヴェゼルをハイクオリティレジンキャストラインで再現したディスプレイモデルを展示していました。完成品のディスプレイモデルというと、金属製のダイキャストの方が馴染みがあるかもしれませんが、これらの商品は樹脂製となっているのが特徴で、質感はかなりのもの。価格も1万円を超えないので結構お手頃かも? 両商品とも9月発売予定ですが、限定生産のようなので気になる方は早めにチェックを!



アマチュアディーラーさんたちの作品にも注目

wfes17s_05

ワンダーフェスティバルは元々、アマチュアディーラーさんたちの手によるガレージキットの発表・販売の場だったもの。最近は企業の出展も目立ちますが、今もアマチュアディーラーさんのエリアの方が断然広く、オリジナリティあふれる作品を見ることができます。イベントの性格から特撮やアニメ・ゲームの造形作品が多いものの、クルマに関する作品も決して少なくありません。

wfes17s_06

「リプロ玩具」というサークルさんもそのひとつで、「メッサーシュミット KR200」や「BMW ISETTA300」などのミニカーがありました。バキュームフォームというガレージキット創世期からある技術を使った、どことなくレトロ感のある丸っこい車体が印象的。本体の他にも、ジオラマ職人とコラボした「箱庭メッサーシュミット」という作品も販売してしました。クルマに関するいろいろなコラボ作品を作っているとのことです。



マクラーレンの痛車が登場!

wfes17s_07

フィギュアメーカーの痛車展示もありました、東京フィギュアではなんと「マクラーレン650S スパイダー」を現在放送中のアニメ「Fate/Apocrypha」仕様に。同社はフィギュアメーカーの中では新規参入の方で、こういったプロモーションで積極的にアピールしているようです。なお、驚くべきことに同日別のイベントでもう1台同じ車種の痛車を展示していたらしいです。思い切りがスゴイですね!



本物のレーシングカーの展示も!

wfes17s_08

こちらは痛車、ではなくSUPER GTに参戦する「グッドスマイルレーシング」のレースマシンです。この日は、チームが参戦中の「スパ・フランコルシャン24時間レース」のパブリックビューイングを開催していました。また、公式グッズの物販コーナーもあり、結構な人の出入りがありました。

wfes17s_09

他にもまだまだ公式の痛車やフィギュアメーカーのレーシングマシンなどの展示がありました。また今回は映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」が8月4日(金)から日本で公開されるということで、タカラ・トミーブースなどではトランスフォーマー関連の商品も見られました。こちらもクルマファンには馴染みが深いかもしれません。人類の味方側陣営であるオートボットは、リーダーのオプティマス・プライムを始め、クルマからロボットに変形するキャラが多いですからね。

ワンフェスことワンダーフェスティバルは、夏と冬に開催されています。次回は2018年2月18日(日)に同じく幕張メッセでの開催が予定されているので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!


text & photo by 斎藤雅道+Bucket

<関連リンク>
ワンダーフェスティバル
http://wf.kaiyodo.net/

<関連記事>
群馬の痛車イベント「いたぷら」で聞いた痛車オーナーのこだわり
http://kurutopi.jp/article/6458
ワンダーフェスティバル 2017[冬]で見つけたクルマたち
http://kurutopi.jp/article/4408



あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!