【新車情報】キャデラックの新世代ミッドサイズSUV、XT5クロスオーバー上陸

2017.08.01
xt5crossover-1

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、7月13日、キャデラックの新型SUV「キャデラックXT5クロスオーバー」のジャパンプレミアを実施しました。

xt5crossover-2

新型モデルのキャデラックXT5クロスオーバーは、キャデラックSRXクロスオーバーの後継モデルとなる最新世代のミッドサイズSUVです。販売は世界的に好調で、キャデラック全体の約40%を占めるほどだそう。

xt5crossover-3

スタイリングには、大型のフロントグリルや縦長のライトユニットなど新世代キャデラックのアイコンを積極的に取り入れ、力強さと上質さを強調。最先端のアメリカンラグジュアリーの世界が体現されています。アメ車SUVと聞くと大きさが気になりますが、ボディサイズは全長4825mm×全幅1915mm全高1700mm、ホイールベースは2860mmとなっており、レクサスRXあたりと同等サイズなので、日本でも扱いやすいサイズといえるでしょう。

xt5crossover-4
xt5crossover-5

インテリアは、レザー、ウッド、カーボン、スウェード、アルミニウムなど異なる素材を組み合わせた、贅沢で温かみのある空間に仕上げられています。もちろん、先進機能や快適機能も充実。Android AutoとCarPlayに対応する8インチタッチスクリーン付インフォテイメントシステム、専用開発のBOSEスピーカーシステム(アクティブノイズキャンセル機能付き)、ワイヤレスチャージング、大型電動サンルーフなどを全車に標準化。安全面では、歩行者対応自動ブレーキ、レーンキープアシスト、後退時安全確認警告機能、後方からの接近車両を知らせるサイドブラインド及びレーンチェンジアラートなどを備えています。また上級モデル「プラチナム」では、さらに全車速対応ACCや車両周囲360度表示モニター、オートマチックパーキングアシストなども追加されます。

xt5crossover-6 xt5crossover-7

パワートレインは、新世代3.6L直噴V6エンジンを搭載。最高出力314ps、最大トルク368Nmを発揮するだけでなく、燃費向上の機能として、アイドリングストップ機能に加え、エンジン負荷が少ない状況で2気筒を休止させ4気筒となるユニークな気筒休止機構を備えています。トランスミッションは8速AT、駆動方式はAWDで、前後の駆動配分を自動的に可変させる電子制御式となります。

xt5crossover-8

発売は10月28日からとなり、価格は、668万5000円~754万9200円。導入記念の限定車「FIRST LIMITED EDTION」が20台設定され、こちら783万円となります。XT5クロスオーバーは、左ハンドルのみの設定となりますが、キャデラックブランドの世界的けん引役の新世代SUVだけに、日本でも注目を集めるかもしれませんね。

xt5crossover-9


text & photo by OHTO Yasuhiro


==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php