【豆知識】レンジローバー、「オフロードのロールスロイス」と呼ばれた高級SUVの元祖

2017.07.11
レンジローバー
今「レンジローバー」と言えば、トップモデルの「レンジローバー」に「スポーツ」「ヴェラール」「イヴォーク」のファミリーモデルを加えた計4モデルをラインナップする、ジャガーランドローバー社の高級SUVブランドのことを指します。

しかし、もともとはローバー社が生産する「レンジローバー」という1モデルの名前でした。この初代レンジローバーこそ、その名前が高級SUVの代名詞となるきっかけを作っただけでなく、高級SUVというジャンルそのものを作ったクルマだったのです。



オフロード性能と高級サルーンの快適性を

初代レンジローバーのデビューは、1970年。ローバーなどを有するブリティッシュ・レイランド(BL)の中でオフロード4WDを担当するランドローバーブランドの新型車として登場しました。 レンジローバー
このときはまだ「SUV」という言葉などなく、アメリカでようやくジープ・ワゴニアやフォード・ブロンコといったSUV的なオフロード4WDが登場し、少しずつ定着してきた時代です。「オフロード性能と高級サルーンの快適性を併せ持つクルマ」として開発されたレンジローバーは、すぐにバックオーダーを抱えるほど脚光を浴びました。

では、どんな人が初代レンジローバーを求めたのか? ここに現在の高級SUVブランドに至るヒントが隠されています。 レンジローバー 車内
その答えは、「上流階級」。イギリスの位の高い人たちが、キャンプや狩猟、乗馬を楽しむためにこぞって購入したのです。中には、大陸を横断するような冒険をする人もいたとか。そして、「砂漠のロールスロイス」と呼ばれ、イギリス上流階級のステータスとなっていきました。 レンジローバー バックショット
ちなみに、1979年にデビューしたメルセデス・ベンツのゲレンデヴァーゲン(現在のGクラス)は、レンジローバーのヒットにより生まれたとも言われています。



初代レンジローバーの生産期間、26年

3.5L V8エンジン+4速MTのパワートレインに、2ドアボディの組み合わせでデビューしたレンジローバーは、1980年代になると4ドアボディやAT(オートマチック)を追加。1987年にレザーシートなどを装備した「VOGUE SE」が登場し、北米で販売を開始すると、高級SUVとしての地位を確立していきます。1990年には日本でも正規輸入が始まりましたが、このときすでに生産開始から20年が経っていました。 レンジローバー
初のフルモデルチェンジは、1994年。その後もおよそ2年にわたって初代モデルは併売が続き、生産終了となったのはデビューから26年目となる1996年でした。なぜ、こんなにも長く初代レンジローバーは作られたのでしょうか? レンジローバー
その理由のひとつには、北米でのヒットなどもあり、変わる必要がなかったこともあるでしょう。また、開発陣の中で意見が割れていたためという説もあるようです。しかし、大きな理由は経営基盤が不安定だったことでしょう。

1986年代ブリティッシュレイランドから独立したローバーグループは、ブリティッシュ・エアロスペース傘下に。さらに1994年にBMWに買収されることとなります。不安定な経営の中での開発は難しかったのでしょう。しかし、それゆえに名車が生まれたのもまた事実なのです。名車を呼ばれるクルマの中には、不運や悲運の中で生まれたものも少なくありません。こうしたところもクルマのおもしろさのひとつですね。



text & photo by 木谷宗義


問題4回3級

1970年に登場し、「オフロードのロールスロイス」と呼ばれるほど快適性を追求した高級志向のオフロード4WDは、次のうちどれですか?

(1) ジープ チェロキー
(2) ランドローバー レンジローバー
(3) メルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲン
(4) BMW X5


<関連記事>
ジャガーとレンジローバーが読売巨人軍オフィシャルカーに
http://kurutopi.jp/article/4894
クロカンブームの立役者、三菱パジェロ
http://kurutopi.jp/article/3011
RAV4とハリアー、SUVブームに大きな影響を与えた2台のトヨタ車
http://kurutopi.jp/article/2735
乗用車4WDの元祖「スバル・レオーネ」が残したもの
http://kurutopi.jp/article/975
あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!