【車イベントレポート】またまた参加台数を更新!ルノー カングー ジャンボリー2017

2017.06.01
1
ルノー・ジャポンの公式イベント「ルノー カングー ジャンボリー2017」が5月14日(日)、山梨県山中湖村にある山中湖交流プラザ「きらら」で開催されました。
2 3


第9回目となる今年は、全国各地から1,243台のカングーを含む1977台の車両と4226人ものファンが集結。参加台数、人数共に昨年を上回る大盛況となりました。
4 5


前日に激しい雨に見舞われるなど、天候が心配された当日ですが、美しい富士山と青空を拝むことはできなかったもの、天候の落ち着いた過ごしやすい一日となりました。開会式では、ルノー・ジャポンの大極司代表取締役社長が「皆さんの情熱が雨雲を吹き飛ばしてくれました」とファンへ感謝の気持ちを伝えました。
6


ステージでは、毎年恒例となった新車発表が行われ、限定車「カングー アン ブロヴァンス」をお披露目。南仏プロヴァンス地方の夏をイメージした鮮やかなオレンジのボディカラーが特徴で、1.2LターボのDCT仕様のみ70台が用意されるとのことでした。
7


このほか、2台の働くカングーコラボカーも初披露されました。一台は、フランス菓子の名店「ピエール・エルメ・パリ」で活躍するカングー。ドアミラーやバックドアには、同店の人気菓子のひとつであるマカロンを連想させる鮮やかなモザイク柄が施されています。カングージャンボリーでは、毎年、チャリティー募金を兼ねたマカロン配布が行われており、こちらも毎年来場者の楽しみのひとつとなっています。
8


もう一台の働くカングーは、昨年よりイオンペットとのコラボレーションより誕生したペット用ドクターカー。活躍中の1号車に加え、完成したばかりの2号車の贈呈式がこの日、おこなわれました。これはペット専用のドクターカーで、災害発生時にいち早く被災現場へ獣医師や動物看護師などを派遣し、ペットの救命活動やケアを行えるよう様々な装備を施したもの。診察だけでなく手術まで対応できる高機能なものとなっているそうです。
9

様々なカングーが並ぶ駐車エリアも、同イベントの魅力のひとつ。鮮やかな色の多いカングーが並ぶと、そこはまるで花壇のような華やかさ。ファン同士の交流も盛んで、遠方に住む仲間とイベントでの再会を楽しみにしている方も多いと聞きます。そんなアットフォームな雰囲気も多くのファンが集う理由なのでしょう。もし、あなたがカングーユーザー、もしくはルノーやカングーに興味があるのでしたら、ぜひ来年は参加してみてはいかがでしょうか。きっと思い出に残る休日が過ごせるはずですよ。

10 11

text & photo by OHTO Yasuhiro

==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php