【モータースポーツ】2年ぶりのオートポリス!SUPER GT第3戦「SUPER GT in KYUSHU 300KM」をレポート

2017.05.31
1
大分県のオートポリスで行われる「SUPER GT in KYUSHU 300KM」が、2年ぶりに開催されました。昨年は、4月に起きた熊本地震でオートポリスも被災したことにより、5月に予定されたこのレースもキャンセルに。懸命の復旧活動によってオートポリスはレースが開催できるようになり、「SUPER GT in KYUSHU 300KM」が帰ってきたというわけです。


2




波乱が流れを読みにくくするレース展開に

山あいにあるオートポリスは1周4.674km。アップダウンが激しくコーナーも低速コーナーから高速コーナーまで揃っており、「ドライバーズサーキット」と呼ばれるほど、ドライバーにとって攻め甲斐のあるテクニカルなレイアウトのコースです。それだけに、レース展開が読みにくいのは他のサーキット以上。今回も、多くの波乱が巻き起こるレースとなりました。

3
GT500クラスのポールポジションは「#100 RAYBRIG NSX-GT」の山本・伊沢組。NSX-GTがポールポジションを取るのは、開幕戦の岡山に続いて今シーズン2度目。「チームクニミツ」としては2008年の第6戦「鈴鹿」以来のポールポジションとなりました。


4
レース序盤は「#8 ARTA NSX-GT」とGT300の複数台が絡むクラッシュが起こり、長いセーフティーカーランに。レース再開後は、トップの後方を走るレクサス勢の間で激しいポジション争いが繰り広げられ、“レクサスの敵はレクサス”という状態が続きました。そんな中、ピットアウトのタイミングで「#36 au TOM’S LC500」の中嶋一貴選手がトップに躍り出ます。


5
そして、2位を走る「#1 DENSO KOBELCO SARD LC500」の平手晃平選手と激しいバトルを繰り広げ、接触により平手選手がリタイアに。これでau TOM’Sが傷つきながらもトップを守り、チェッカーを受けました。




GT300クラスは、0.091秒差でVivaC 86MCが勝利

GT300クラスのポールポジションは「#25 VivaC 86 MC」の松井・山下組。それを「#61 SUBARU BRZ R&D SPORT」の井口・山内組、「#5 マッハ車検 MC86 GTNET」の坂口・藤波組のJAF-GTマシン勢が追う格好に。「JAF-GT勢が有利になるだろう」との予想されていた通りのスターティンググリッドとなりました。決勝では、1位の「#25 VivaC 86 MC」を2位の「#61 SUBARU BRZ R&D SPORT」が追う形の激しい“接近戦”を繰り広げます。

6
一時は、ピットのタイミングで「#55 ARTA BMW M6 GT3」の高木・ウォーキンショー組がスルスルと2台の前に出たものの、勢いに勝る「#25 VivaC 86 MC」と「#61 SUBARU BRZ R&D SPORT」は「#55 ARTA BMW M6 GT3」をパスして、再び接近戦に。2位「#61 SUBARU BRZ R&D SPORT」はじわじわとトップとの間隔をつめ、最終ラップにはとうとうテール・トゥ・ノーズの争いにまで接近。0.091秒差で「#25 VivaC 86 MC」が逃げ切り、勝利を収めました。300kmもレースを続けて、わずか0.091秒差とは!


7 8
次戦は、2ヶ月のインターバルを挟み、7月22日(土)予選、23日(日)決勝というスケジュールで、東北は仙台の「スポーツランドSUGO」で行われます。狭く抜きにくいコースレイアウトのSUGOは、「魔物が棲む」と言われ、毎戦なにかしらの大きな波乱が起きるサーキット。果たしてどんな展開となるのでしょうか。それまでには、SUPER GTの公式練習も行われます。公式練習を見て、次戦の戦いの予想を立てることも、レースを見る楽しみになるかもしれません。




オートポリスにきたら九州ならではのグルメやイベントも楽しもう!

最後に、レース以外のサーキットの楽しみもご紹介しておきましょう。開幕戦の岡山もおいしい屋台が出ることで有名ですが、オートポリスもまた九州各地から美味しい名産品が集まり、「おおいた“味力”(みりょく)フェスタ」や「ご当地うまかもんストリート」として多くのご当地グルメが並んでいました。また、オートポリスのある阿蘇地方が放牧の盛んなエリアである関係から、イベント広場にはミニチュアホースの餌やりや乗馬体験コーナーも。

9 10
レースレポートであまり取り上げられることはありませんが、サーキットはこのように家族で楽しめるグルメやイベントがたくさんあります。みなさんもぜひ、家族でサーキット観戦をしてみてくださいね。それでは次戦「SUGO」をお楽しみに!


text&photo by 雪岡直樹+Bucket

<関連リンク>
https://supergt.net/

<関連記事>
SUPER GT開幕!第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の様子をレポート
http://kurutopi.jp/article/4991
SUPER GT第2戦「FUJI GT 500KM RACE」レース&イベントをレポート
http://kurutopi.jp/article/5529

あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!