【車イベントレポート】おみやげはF1ホイール!? BBSジャパン ネコ・オートモービル・フェスティバル2017

2017.05.25
1
ゴールデンウィーク最後日となる5月7日(日)、千葉県・袖ヶ浦市にある「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」にて、「Tipo」を始めとしたクルマ雑誌を出版している「ネコ・パブリッシング」とホイールでおなじみの「BBSジャパン」が主催する「BBSジャパン ネコ・オートモービル・フェスティバル2017」が開催されました。
2 国籍や年式を問わずさまざまなクルマが集まった
このイベントは、基本的に車種・メーカー・年式を問わないオールジャンルのイベント。コース上では、それぞれの愛車で走る「初サーキット走行体験」や「スポーツ走行」、プロドライバーのドライビングによるスポーツカーの試乗体験が行われました。ノーマルホイールとBBSホイールの比較試乗が行われていたのは、BBSジャパンが主催するイベントならでは。この比較試乗は、NDロードスターで行われていました。
3 筆者も初めて見るクルマがちらほら。こちらは英国のマイダス・ゴールド Mk3というクルマ

個性的なクルマがサーキットを駆け抜けた

袖ヶ浦フォレストレースウェイはミニサーキットの部類に入りますが、それなりにスピードが乗る楽しいサーキット。走行イベントでは、さまざまな個性を持ったクルマが走り回り、さらに楽しいサーキットとなっていました。サーキットを駆け抜けた個性的なクルマたちがこちら!
4 フォードGT40のレプリカでかつては日本国内でも正規販売されていたGTD GT40
5 日産フェアレディZ432といったクラシックスポーツカーの姿も
6 M2 1002ロードスターとゼノン E10というどちらもレアなライトウェイトスポーツカー
7 124スパイダーと500のチューンドアバルト対決。この枠ではこの2台が飛び抜けて速かった


最新のスポーツカーをサーキットで体感する!

走行会の合間には、プロドライバーの運転で最新スポーツカーに乗ってサーキットを走る「サーキットタクシー」や、参加者自身がハンドルを握ってサーキットを走行する試乗会が行われました。プロドライバーのハイスピードな走行で非日常感を体感するのも、実際にハンドルを自分で握ってドライブするのも、どちらも楽しく素晴らしい体験ですよね。
8 先頭は、オーストリアのバイクメーカー「KTM」のスポーツカー、X-BOW(クロスボウ)
今回、試乗体験車両として用意されたのは、KTM・X-BOW GT、ロータス・エリーゼスポーツ220、ジャガー・F-TYPE SVRなど。また、ロータス2ELEVEN、アウディR8 V10 plus、MINI CHALLENGE CUPカー、ランボルギーニ・カウンタック・クアトロバルボーレなどがサーキットタクシーとして走りました。このカウンタックは、オーナーのご厚意で参加したもの。スーパーカーの走りを間近で体感できる、貴重なサーキットタクシーでした。 9 柳田真孝選手がドライビングするアウディR8。もの凄い勢いでホームストレートを駆け抜けていった
10 僅かにスライドしながらコーナーを立ち上がっていくジャガー F-TYPE SVR コンバーチブル


NY市警のパトカーが先導!ファミリーパレードラン

イベント後半には、サーキット装備をしていないクルマでも走行できるファミリーパレードランが行われました。パレードランの先陣を切るのは、なんとアメリカ・ニューヨーク市警で実際に使用されていた本物のパトカー、フォード・クラウンビクトリア・POLICEインターセプターです。ランプを光らせながら後に続くクルマを先導していました。
11 4月に行われた「かわさき大師パレードラン 」にも登場したNY市警の本物パトカー。注目度はバツグン!
12 いい勢いでコーナーを走るシトロエンAX。ロールの大きさを感じさせるナビーシートに注目(笑)
13 ルノー・カングーに乗る親子は、今回が初めてのサーキット走行だそう


目玉はBBS F1ホイール!? じゃんけん大会!

イベントの最後には、協賛各社からの豪華賞品をゲットするじゃんけん大会が行われました。その賞品は、ミニカーやイラストや各種ノベルティなどなかなか入手する機会が少ないレアモノばかり。目玉賞品はなんと実際に使用されていたBBSの超軽量F1ホイールで、周囲が静かな袖ヶ浦フォレストレースウェイでひと際大きなどよめきが響き渡りました。
14 イベントの最後を駆らずじゃんけん大会。レアグッズをかけて気合が入る
15 見事F1ホイールをジャンケン大会でゲットしたのかこの方!
今回のイベントは、雑誌「Tipo」を出版するネコ・パブリッシングの主催というだけあって個性的なクルマが特に集まっていたのが印象的でした。まったりとした雰囲気は、イベントというより「たまたま集まって楽しいことした」という感じ。これが「BBSジャパン ネコ・オートモービル・フェスティバル」の楽しさなのでしょうね。ちなみにTipoは、7月に岡山国際サーキットで「オーバーヒートミーティング」を行います。こちらにもぜひ注目してみてくださいね!


Text&photo by クリハラジュン+Bucket

<関連リンク>
BBSジャパン ネコ・オートモービル・フェスティバル
http://www.hobidas.com/naf/
<関連記事>
日産スカイライン誕生60周年記念「SKYLINE TIMELINE」に行ってきた!
http://kurutopi.jp/article/5280
無料にして豪華!モータースポーツジャパン 2017 フェスティバル
http://kurutopi.jp/article/5196
日産スカイライン誕生60周年記念「SKYLINE TIMELINE」に行ってきた!
http://kurutopi.jp/article/5280
漫画「頭文字D」の聖地にスポーツカーが集合!
http://kurutopi.jp/article/5029


==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php