【遠藤イヅルのいづるーむ】アルファロメオ145 セリエ・スペチアーレ

2017.05.05

7f3a9f33d8ecc374ebf1f1d9b3e18534


イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車紹介。

今回は「アルファロメオ145 セリエ・スペチアーレ」です。

1971年にデビューした小型FFアルファ「アルファスッド」は1983年に「33」に世代交代した。その33の後継として1994年に登場したのが145である。フィアット・ティーポをベースとして開発されているのは、ひとつクラスが上の155と同じ。2001年まで生産され、147にバトンを渡した。50rHB版は146で、名称が違っていた。

“セリエ・スペチアーレ”は、日本仕様の標準車“クアドリフィリオ”をベースに、250台限定で用意されたファイナルエディション。MOMO製アルミホイールなどの特別装備を多数備える。

エンジンはアルファスッド~33譲りの1.7リットルフラット4の他、直4 DOHC 1.4リットル/1.6リットル/1.8リットル/2.0リットル、1.9リットルディーゼルターボなどの豊かなバリエーションを誇った。日本仕様は2リットル DOHCC(ツインパーク)のみ。

145最大の特徴は、この独特のデザイン。チェントロ・スティーレ(=デザインセンター)が手掛けた3DrHBボディはどの車にも似ていない。

illust & text by 遠藤イヅル


あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!