【カーライフ】中古メルセデスのある生活 その4〜NEWタイヤ装着編〜

2017.04.24
01
こんにちは。福岡在住ライターの赤坂太一です。

中古メルセデス日記も4回目を迎えました。前回までは、購入の動機や納車前整備、使用感などについてお話してきましたが、今回は「タイヤ選び」について。

タイヤは路面と常に接触している大事なパーツです。ゴムの状態が摩耗していたり劣化していたりすると、乗り心地を確保できない、燃費が悪くなる、危険回避時の運動性能が新品時よりも劣り事故の確率が上がってしまう、などなどカーライフを満喫できません。

納車後しばらくは、購入時に装着されていたタイヤを使用していましたが、「車格にあったタイヤにすればもっと乗り心地が良くなるのでは?」と、購入から1年がたったころにタイヤ交換を実行しました。


納車時から微振動は感じていた

この2004年式「E320アヴァンギャルド」は、第1回目でお話ししたように東京で購入し、福岡まで自走してきました。実はこのとき、ときおり微振動が発生することに気付いていたんですね。詳しい原因はわからなかったのですが、タイヤを見てみると某アジアブランドのもので、見た目はそれほど摩耗している様子はなかったのですが、生産からかなりの年月が経過していました。

02
路面状況によってはロードノイズが大きく感じることもあって、「よりメルセデスを感じるにはタイヤだな」とは思っていたのですが、タイヤの溝はまだまだ残っていたし、しばらくはそのまま乗っていました。でも、同業の先輩を横に乗せたあるとき、「タイヤは新しくした方が良いよ。メルセデスはこんなもんじゃないから」とのアドバイスが。そこで、ニュータイヤ購入を検討し始めました。


コンフォート系か? スポーツ系か?

タイヤは安全に直接関係する上、長期間使用するパーツでもあるので、価格は高くともいいものを選びたいところ。また、信頼できるお店で交換作業をしたいものです。そうして、装着するタイヤ銘柄と信頼できる交換場所、その両方が納得できる場所に行き着きました。福岡市中央区平尾にある「村上タイヤ」さんです。見るからにミシュラン推しであることがわかります。

03
こちらのお店は、ミシュランやピレリなど欧州メーカーの取扱いに強く、遠方からもポルシェの純正指定タイヤや、通常のお店では対応できないクラシックカー/ビンテージカーのタイヤ交換実績も多いため、クルマ好きの間ではちょっとした有名店。いわゆる「エンスー」が集まるところでもありますね。

社長の村上さんに相談したところ、すぐさま複数のモデルと見積もり(超早い!)が返ってきて、ミシュランかピレリの2メーカー、そして最終的には、ミシュランの「プライマシー3」と「パイロットスポーツ3」のどちらかに絞られました。

04
その2種類はコンフォート系とスポーティー系に棲み分けされていますが、別のところで悩みました。それは価格。なんとまったく一緒なのです。

もし、どちらか一方の価格が安ければ、そちらを選んでいたかもしれませんが、こうなると純粋に自分の用途で選ばなければいけません。そこで優先したのは、やはり乗り心地。実際に乗り比べることは叶いませんが、ブランドの信頼性と、メーカー内での位置づけを考えて、コンフォート系の「プライマシー3」を選択しました。

05

最初にやるべきはタイヤ交換かもしれない

交換終了後、お店を出て最初の赤信号まで約50m。そのときの感動はハッキリと覚えています。転がり始めからアクセルを離して空走、そして最初の弱めのブレーキ…。たったそれだけでも「違うクルマになったのか!」と思うほどの感覚でした。と同時に「もっと早く交換するべきだった」と、それまでの時間を後悔しました。

06
転がり始めは、ロードノイズも極小でスルスルと進み、ブレーキを踏んだ瞬間、真っ直ぐ止まる感覚がありました。いや、普通は車って真っ直ぐ止まるものなんですけどね。今までがそうじゃなかった。そのブレーキのフィールも、弾力のある分厚い“何か”を踏みつけて、左右平行にキレイに沈みこむ感触がありました。

今では、それにも慣れて当たり前になりましたが、交換した当日はその感触をずっと味わいたくて福岡都市高速を2周して帰ったほど。タイヤ交換から半年、約1万kmを走りましたが、雨が降る深夜の九州自動車道でも、プライマシー3の破錠しない感触はなにものにもかえがたく、安心感があります。ちなみに燃費は、交換前と変わらないようです。


タイヤ交換経験者は語る

中古車といえどもクルマを購入して、自分の手元に来た瞬間は新車同様「初めて」の感覚なはず。せっかくならタイヤも新しくしてフレッシュな気持ちで乗り始めた方が、シンプルに気持ち良く乗れると思います。不満を1年間も放ったらかしてかなり後悔したので、経験者としてのアドバイスとして参考にしていただけると幸いです。


text & photo by 赤坂太一+Bucket

<関連リンク> 村上タイヤ
http://www.murakamitire.co.jp/

<バックナンバー>
中古メルセデスのある生活 その1~クルマ選び編~
http://kurutopi.jp/article/4511
中古メルセデスのある生活 その2~納車前にしたこと編~
http://kurutopi.jp/article/4724
中古メルセデスのある生活 その3〜実際どうなの?編~
http://kurutopi.jp/article/5011

==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php