【車イベントレポート】漫画「頭文字D」の聖地にスポーツカーが集合!

2017.04.20
1
群馬県渋川市は、あるクルマ漫画で一躍有名になった街です。その漫画の名は「頭文字D」。この渋川市にある「藤原とうふ店」の一人息子・藤原拓海と愛車AE86トレノを物語の中心として、榛名峠(作中では秋名峠)、妙義、赤城を始めとした関東圏内の峠で様々なスポーツカーと壮絶な公道バトルを演じていく人気漫画です。

連載は終了してしまったもののその人気はまったく収まることはなく、遂にはファンが集う場として「RACING CAFE D’z GARAGE(ディーズガレージ)」が昨年オープンしました。2

D’zGarageは、渋川伊香保インターより伊香保、榛名方面へ約15分


渋川市伊香保町でプリン専門店「クレヨン」も営むオーナーの岡田誠さんは、自身もクルマ好き(特にRX-7が好きで自身も所有している)で、何よりも「頭文字D」の大ファンだという方です。このD’z GARAGE が、この3月でオープン1周年に。3日間にわたって行われた記念イベントの2日目にお邪魔してきました。


駐車場は満車!様々なスポーツカーが来場!

朝10時のオープンから、駐車場には関東圏からたくさんのスポーツカーがやってきて、あっという間に満車になってしまいました。日産・シルビア(S15型)、マツダRX-7(FD3S)、スバル・インプレッサ(GC8型)が多かったようです。4

筆者も愛車・インプレッサで。主人公の父・藤原文太の愛車と同じクルマだ


頭文字Dレプリカ仕様のクルマに同乗体験できるアトラクションが行われていたり、ファン同士で愛車自慢や頭文字Dの話で盛り上がったりしていました。


お店の人気商品は頭文字Dデザインの「キャラプリン」

5
店内もご覧の通りの賑わいです。奥に見えるのはレーシングゲーム「グランツーリスモ6」で、RX-7(FD3S)での筑波サーキットタイムアタック大会が行われていました。筆者も参加しみたところ、なんとトップタイムをマーク! その後、上位ベスト4で行われた筑波サーキット7Lapの決勝レースでも、僅差で優勝してしまいました。副賞としてエンジンオイルまでいただき、ありがたい限りです。6

カウンターでは頭文字D劇中車のデザインをモチーフにした人気商品「キャラプリン」や頭文字Dのミニカーなどが販売されてる

7

アルミ削り出しエンジンブロックケースに入ったキャラプリン4種のスペシャルケースモデル。お値段6万5000円也(!)

頭文字D劇中車をモチーフにデザインされた「キャラプリン」は、D’z GARAGEの人気商品のひとつ。筆者も「藤原とうふ店」の容器に入った「とうふプリン」をいただきましたが、スッキリした味わいで、レース(ゲームですが)で汗を流した後のクールダウンにピッタリな一品でした。同店ではキャラプリンの他にも、頭文字DのAE86をイメージした「ハチロクバーム」や「ハチロクカレー」も販売しています。8

こちらはハチロクをイメージしたバームクーヘン「ハチクロバーム」と「ハチクロカレー」



初代インプレッサの来場が多いのにはワケがあった!

今回のイベントには、スペシャルゲストとして初代スバル・インプレッサのプロダクトデザインを手掛けた手島彰さんが、愛車である「インプレッサ 22B STi-Version」で参加し、インプレッサオーナーと記念撮影に応じていました。実は手島さん、当初は初日だけの参加予定だったのですが、あまりの人気で2日目も特別に参加してくださったそうです。9

手島彰さんのインプレッサ 22B STi-Version。海外では1000万円以上の値が付くことも


今回、乗ってきていた22B以外にも複数の初代インプレッサを所有している手島さんは、「頭文字Dの効果も相まって初代インプレッサの価値は下がることはない。今所有しているオーナーには、これからも大事に乗ってほしい」と話してくれました。10

初代スバル・インプレッサのデザインスケッチの複製も販売されていた



頭文字Dの世界からそのまま飛び出したようなハチロク

冒頭で、駐車場では頭文字Dレプリカ仕様のクルマの同乗体験が行われていると紹介しました。同乗体験用に用意されたクルマの中でも下のAE86は、頭文字Dに登場するクルマを忠実に再現したものです。11
ナンバープレートもアニメ版と同じ「13-95(アニメでは13-954)」にしているこだわり。車内も同じスポーツハンドルが装着されていたり、メーター周りが物語後半の「プロジェクトD」編からのレーシングカースタイルにカスタマイズされたりしていました。12

ワンオフのメーターパネルにDefiのメーターが装着されている。タコメーターは11,000回転まで(!)


正直なところここまで盛況しているとは思いもしなかったD’z Garageオープン1周年イベント。今後も定期的にイベントを開催するとのことなので、群馬にドライブ行かれたときは、ぜひ訪れてみてください。そしてプリンを食べましょう(笑)。


▼レーシングカフェ・D’z Garage(ディーズガレージ)
住所:377-0008 群馬県渋川市渋川3715-1
営業時間:10時~17時(水曜定休)
TEL:0279-26-2880
Webサイト:http://dzgarage.com/
Facebook:https://www.facebook.com/dzgarage/
Twitter:https://twitter.com/dzgarage_makoto


text&photo by クリハラ ジュン+Bucket


<関連リンク>
『第一回 昭和の商用車大集合』レポート
http://kurutopi.jp/article/4845
ワンダーフェスティバル 2017[冬]で見つけたクルマたち
http://kurutopi.jp/article/4408

==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php