【遠藤イヅルのいづるーむ】ローバー 3500(P6)

2017.03.21

01



イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車紹介。

今回は「ローバー 3500(P6)」です。


「ローバー 3500(P6)」


1963年に登場したローバー2000(P6)は、保守的と評されていたローバーのイメージを変えた意欲作で、高い品質と優れたステアリング、素晴らしい乗り心地を誇った。1968年に追加されたローバー3500は、さらに豊かなパワーを得たことでP6の名声を確かなものとした。なお、本国では「3500」を”スリー・サウザンド・ファイブ”と呼ぶ。


エンジンはビュイックから製造設備ごと譲り受けた3.5リットルV8HVで、オールアルミ製のため軽量だった。従来の4気筒エンジンとさほど重さが変わらなかったと云われる。


設計にはシトロエンDSの影響が大きく、ルーフは特にそのイメージが見て取れる。そのためP6は製造地ソリハルをもじって、「“ソリハルシトローエン”」という愛称を与えられていた。



(イラスト・文)遠藤イヅル



あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!