【豆知識】歴史に名を残す名車たち 1950年代の国産車編

2017.02.24
01
1950年代は、日本の大衆車の黎明期と言える時代です。1949年にGHQから自動車生産が解禁されてから、先進国のクルマに追いつけと、現代につながるたくさんのクルマが誕生しました。その中でも名車と言われるクルマを紹介します。





ノックダウン生産で生まれた日野・ルノー

1950年代のクルマ作りは、海外メーカーの車両を製造する「ノックダウン生産」が主流でした。日野はルノーと手を組み、「ルノー 4CV」のライセンス生産車「日野・ルノー」が、1953年に誕生します。
02
水冷4気筒OHVエンジンをリアに配置し、後輪を駆動する「RR方式」を採用した「日野・ルノー」。ボディは軽量なモノコック構造で、サスペンションは独立懸架。当時の日本は悪路が多く、「4CV」よりもエンジンや足まわりが強化されていました。最高速度100km/hに到達する運動性能、そして経済性は、他の国産車と比べても驚異的だったと言われています。そして小型で機動性に富んでいたため、タクシーとしても重宝されました。





軽トラのパイオニア、ダイハツ・ミゼット

レトロな三輪自動車、いわゆる「オート三輪」の普及に貢献したのが1957年に発売された「ダイハツ・ミゼット」です。ミゼットとは英語で「超小型」を意味します。
03
その名の通り、小型かつ軽量で非常に使い勝手が良く、優れた経済性も両立。荷台は全長1160mm×全幅1100mm×全高425mm、最大積載量350kgを確保していたことにより、商店や軽貨物の配送業車などの間で大ヒット。人々の生活に欠かせない存在として活躍しました。この「ミゼット」の成功により、ダイハツは軽自動車のパイオニアの地位を固めます。





国民が絶賛したコンパクトカー、スバル・360

1950年代のクルマは商用車が主流でした。そこで乗用車の普及を狙って「国民車構想」にのっとり1958年に誕生したのが「スバル・360」です。その愛らしい姿から「てんとう虫」と言われ、今も親しまれています。
04
小さなボディにもかかわらず4人乗りの「360」。そのスペースを実現するために「RR方式」を採用するなど随所に創意工夫がなされていました。エンジンは356ccの2気筒。しかし、385kgという軽量ボディなどと相まって、クラス以上の走行性能を発揮。乗り心地も良く、当時の自動車関係者や報道関係者は「世界水準を行くミニカー」と絶賛しました。





憧れの象徴、トヨペット・クラウン

1950年代の「ノックダウン方式」に異を唱えたのが、1955年に登場した「トヨペット・クラウン」。純国産にこだわり、国産乗用車の礎となった一台です。
01
流麗なデザインやクロームによる装飾、そして観音開きのドアといった豪華装備を採用した「クラウン」は、やがて国民の憧れとなりました。搭載された1.5L 4気筒エンジンは48psを発揮し、最高速度100km/hという余裕の性能を実現。自家用車のほか、タクシーとしても人気を集めました。

クルマの性能はメーカーの姿やユーザーのニーズを反映したもの。それは旧車も同じで、そのボディにはいろいろなメッセージが込められています。あなたは今回紹介したクルマから、どんなメッセージを感じましたか?




問題(第4回1級)

次のうち、初代「トヨペット クラウン」「スバル360」「ホンダS500」が発売された順番として、正しいものはどれですか?

1.「トヨペット クラウン」→「ホンダS500」→「スバル360」
2.「トヨペット クラウン」→「スバル360」→「ホンダS500」
3.「スバル360」→「ホンダS500」トヨペット クラウン」
4.「スバル360」→「トヨペット クラウン」→「ホンダS500」




<関連リンク>
トヨタ博物館
https://www.toyota.co.jp/Museum/

<関連記事>
【車イベントレポート】お台場旧車天国2016
http://kurutopi.jp/article/3237

【車イベントレポート】秋の風物詩「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」レポート
http://kurutopi.jp/article/3095

1958年に誕生!国民車構想で生まれた「スバル360」
http://kurutopi.jp/article/1089


text by 阿部哲也+Bucket
画像提供:トヨタ博物館



==くるまマイスター検定==

「くるま」について、どれだけ知ってる?

詳しくはこちら
https://www.meister-kentei.jp/car/index.php