【車イベントレポート】空冷ワーゲンだらけの1日「STREET VWs ジャンボリー」

2017.01.04
01
趣味性の高いクルマはたくさんありますが、輸入車のなかでも特に趣味性が高いクルマといえば、フォルクスワーゲン・ビートルではないでしょうか? 1938年の生産開始から2003年の生産終了までになんと2000万台以上の台数が生産されていることからも、どれだけ世界中で愛されているかが分かると思います。

そんな空冷ワーゲンの専門誌「STREET VWs」(内外出版社)が主催する日本最大級のワーゲンイベントが今回ご紹介する「STREET VWsジャンボリー」。今回で記念すべき10回目を迎える同イベントは、空冷エンジンを搭載しているワーゲンであればエントリーできるもの。ビートルと呼ばれるタイプ1はもちろんのこと、ワーゲンバスとして知られるタイプ2、クーペボディを持つカルマンギアなど、様々なボディタイプの空冷ワーゲンが大集合していました。02
こちらがみなさんご存知のビートル。正式名称はフォルクスワーゲン・タイプ1と言いますが、ビートルの方が浸透していますね。年式によって意匠が異なることから、バリバリのカスタムカーはもちろんのことノーマル風のクルマでも各オーナーのこだわりが見え隠れしています。03
ワーゲンバスの愛称で知られるタイプ2も人気が高い車種のひとつ。年式によって表情が違い、どのタイプにもたくさんのファンが存在しており、その広い室内空間を生かしてキャンピング仕様になっている個体も多く、写真のクルマもポップアップルーフを備えています。
04
タイプ1のシャシーに流麗なクーペボディを載せたものがカルマンギア。イタリアのデザインスタジオ、カロッツェリア・ギアがデザインしたボディをドイツのコーチビルダー、カルマン社が作成したことから、両社の名前を取ってカルマンギアと名付けられています。05
また、会場にはフォルクスワーゲングループジャパンによる最新モデルの展示も行われ、ザ・ビートルは限定車も含めた様々なグレードが並べられていました。空冷ワーゲンを愛用するユーザーの中には、最新のフォルクスワーゲン車を並行して所有している人も少なくないんだとか。

可愛らしいルックスが魅力的なビートルですが、一度ハマると二度と抜け出せないほどディープな側面も持ち合わせている様子。あなたもハマってみてはいかがでしょうか?

STREET VWs 公式サイト
http://www.streetvws.com/


text & photo by 小鮒康一

あなたのくるま知識試してみませんか?第5回くるまマイスター検定2017年11月26日開催決定!