【最新ニュース】充電の心配がいらないEV!日産ノートe-POWER

2016.11.11
01
日産自動車は、コンパクトカーであるノートに新パワートレイン「e-POWER」モデルを設定し、11月2日より発売を開始しました。
02

e-POWER」は、発電用ガソリンエンジンを搭載した電動用パワートレインで、エンジンは発電のみに使い、走行は100%電気で行うシリーズハイブリッド車となります。外部充電は一切必要ないので、ガソリン車のような感覚で電気自動車に乗れるのが最大のメリットです。03

実用性はガソリン仕様のノートと同等でありながら、2.0Lターボ車を凌ぐ発進及び中間加速性能、2クラス上の高い静粛性、そして最大で37.2km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を実現しているといいます。またアクセルのみで加減速が行えるワンペダルドライブを楽しむことができ、ドライバーの安全運転と疲労軽減にも貢献しています。04 0506

内外装は、基本ガソリン仕様と共通ですが、ブルーライン入りのグリルやメータパネル、シフトレバーなどが専用アイテムとして加えられています。
07

電動化には、電気自動車であるリーフの技術が活用されており、新技術でありながら、高い信頼性を備えているのもポイント。駆動バッテリーは小型のものがフロントシート下に収められています。

08
e‐POWER搭載グレードの価格は、177万2280円~224万4240円と、同クラスのハイブリッド車と同等レベルとかなり現実的なもの。これもリーフと部品を共有するなど、電気自動車を持つ日産の強みが活かされています。
09

発表会には、クルマ好きとして有名なタレントの柳沢慎吾さんが登場。ノートe-POWERの試乗の印象を、「とにかく加速が良くて、驚いた」とコメント。コンパクトカーらしからぬ走りの良さがとても気に入られた様子。その後、軽快なトークを交えつつ、新型車の魅力をアピールしていました。10

なお、従来通りにガソリン仕様も、ランナップ。内外装に一部改良が加えられています。またスポーツモデルである「NISMO」は、ガソリン仕様からe-POWERへとベースが変更され、12月に発売される予定です。



text & photo by OHTO Yasuhiro