【新車情報】低全高ワゴン「ホンダ・ジェイド」がマイナーチェンジ

2018.05.26

01
ホンダは、2018年5月17日(木)、低全高ワゴンの「ジェイド」のマイナーチェンジし、翌日より販売を開始しました。価格は、239万8680円~308万8800円です。

ジェイド初のマイナーチェンジ

ジェイドは、2015年2月にデビューした3列シートの6人乗りミニバンとして登場。パワートレインは、ハイブリッドに加え、2015年5月には、ダウンサイジングターボ搭載のスポーティグレード「RS」を追加し、今回が初のマイナーチェンジとなります。

02

エクステリアは、スポーティな雰囲気が高められました。「RS」については、よりスポーティさを高めた新フロントマスクや1インチアップとなる18インチ新デザインのアルミホイールを標準化。標準車もフロントグリルを変更し、シャープなマスクに進化しています。また新色の採用に加え、一部のカラーではブラックルーフ仕様も選べるようになりました。

03

先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING」も全車に標準化。新たに「歩行者事故低減ステアリング」も追加されました。

04

05

パワートレインは、従来同様、1.5Lハイブリッドと1.5Lターボの2本立て。パワーなどスペックは従来同様ですが、ガソリン車の「RS」はCVTのセッティングを、ハイブリッド車は、変速ギア比や駆動力制御をそれぞれ改良することは加速フィールなどを向上。足回りも、「RS」はスポーツ性を高め、上級グレードの「X」は、乗り心地を高めるダンパーチューニングが施されました。

2列シート5人乗りグレードを新設

新型最大の特徴は、新設定となる2列シートの5名乗車仕様を中心としたグレードの拡大にあります。この2列シート車は、3名乗車可能な可倒式後席に440Lのラゲッジルームを備えたもの。持ち味の後席スペースの広さを活かしながら、クッション性を高めたシートの採用などにより、ジェイドならではの快適な後席空間を実現しています。

060070809
これによりグレード構成は、ターボ車仕様が、新エントリーとなる「G」、スポーティな「RS」、上級仕様の「X」の3タイプ。ハイブリッド仕様が「RS」と「X」の2タイプに。「G」と「RS」が2列シートの5名乗車仕様となり、「X」はジェイド独自のV字スライドセカンドシートを備えた3列シートの6名乗車仕様専用グレードとなります。

エントリー価格の高さと特徴的な3列シートに賛否のあったジェイド。従来の低全高ミニバンニーズに加え、2列シート車の新設により、ステーションワゴン的なポジションまで守備範囲を広げたマイナーチェンジによる再スタートに注目です。

text & photo by OHTO Yasuhiro,edit by 木谷宗義

▼ニューモデル情報はこちらから!
http://kurutopi.jp/tag/新車情報